2019年2月17日 (日)

平成最後のフェブラリーステークス 奇跡は起きた!! これが競馬だ!!

 東京ダート1600をインティが逃げ切った!!

 
『競馬の天才!』4月号の原稿のため、私は平成のGⅠ馬を調べていたが、インティは最も小さな牧場が最小の種付け料で生産した馬だ!!
 
 山下恭茂牧場の牧場の繁殖牝馬はわずか5頭。
 
 母キティの父ノーザンアフリートは米国でGⅠ0勝。
 
 父ケイムホームは、ホープフルステークス、サンタアニタダービーの勝ち馬。JRAが購入し、軽種馬協会に預けられたが、種付け料はわずか10万円だ。
 
 2001年、1579あった繁殖牝馬飼養牧場は、875に激減した。
 
 トウショウ牧場、メジロ牧場、早田牧場、カントリー牧場、荻伏牧場が消えた。
 
 馬が駆ける734の消えた草原を想像してほしい。
 
 しかし、山下さんは闘い続けた。
 
 2011年のトランセンド以来、フェブラリーステークスを逃げ切った馬は一頭もいない。
 
 2着ゴールドドリーム(父ゴールドアリュール ノーザンファーム)のクリストフ・ルメール騎手は完璧な騎乗をした。
 
 インティがゴールドドリームに差し切られ「惜しかったなあ」となるのが1995年以降の競馬だ。それが20年以上繰り返された。
 
 驚異的な世界レコードで逃げたキセキがアーモンドアイが差し切られたように。
 
 昨年、G124戦のうち19勝を社台グループがかっさらっていった。
 
 奇跡は起きた。
 
<通常、ダート馬っていうのは筋肉量が豊富で、質的にも硬めっていうのが相場。><インティにしても、やや硬めで筋肉量は豊富。なんといっても500キロを優に超える体をしてるからね。ところが、どういうわけか皮膚がメッチャ薄いんだよね。それでいて、筋肉繊維自体も繊細だから、固くなりにくいんだ。><実はこういうケースってかなり珍しいんだよ。皮膚の薄いダート馬ってのは、フツーにいることはいるんだけど、ほぼ例外なく筋肉量が少ない。そういう観点からすると、インティって常識外れっていうか規格外なんだよね。私としては、突然変異的に生まれてきたとしか思えない。もしかすると、とんでもないバケモノかもしれんぞ。>(岡田牧雄『競馬の天才!』3月号)
 
Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

京都記念で固い握手!

京都11レース 京都記念

 
単勝⑩
 
馬単⑩―②①⑧⑦⑨
 
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

東京新聞杯で乾杯!

東京11レース 東京新聞杯

 
単勝①
 
馬単①―⑩⑭②⑧⑨
 
京都11レース
 
単勝④
 
馬単④―⑦③②⑧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

エルフィンステークスで乾杯!!

京都10レース エルフィンステークス

 
単勝②
 
馬単②―④⑥⑩①
 
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

AJCCで5万円!!

中山11レース AJCC

 
単勝⑩
 
複勝⑩
 
馬単⑩―⑦⑤⑥⑨④
 
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

日経新春杯で固い握手

京都11レース 日経新春杯

 
単勝②
 
馬単②―⑧⑯⑪⑫⑩
 
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

東西金杯で20万円!!

中山11レース 中山金杯

 
単勝⑧
 
馬単⑧ー①⑮⑥⑤③
 
京都11レース 京都金杯
 
単勝②
 
馬単②―⑯⑤⑩③⑧
 
Photo
 
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

闘い終わって日が暮れて ああ、悲運の馬、キセキよ!!

 ブラストワンピースですか……。

 
 この馬が来たら謝るしかねえです。
 
12.9 - 11.1 - 11.6 - 11.7 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 10.7 - 12.2
 
 これが新潟記念のラップタイム。
 
 ブラストワンピースが先頭に立ったときのラップタイムは驚異の10・7!!
 
 もちろん、有馬記念全出走馬中、一番速い。
 
 でも、距離2000しかも新潟ってことでデータから除外してしまいました。
 
 しかし、なんですかねえ……。
 
 ブラストワンピース ノーザンファーム
 
 レイデオロ ノーザンファーム
 
 シュヴァルグラン ノーザンファーム
 
 ミッキーロケット ノーザンファーム
 
 キセキ 下河辺牧場
 
 今の競馬は完全に独占禁止法違反だ!!
 
 ああ、悲運の馬、キセキよ!!
 
 まず、抽選で外の14番枠を引いてしまう。
 
 ゲートが開いて、出遅れではないが、一瞬、遅れる。
 
 川田騎手の腰が、ガックンガックンと落ちる。
 
「オジュウチョウサンだ! オジュウチョウサンが行った!!」(実況アナ)
 
 ここで武豊が①番を引いた意味がわかる。
 
 さらにすぐ内の⑪ミッキーロケットとマーフィー騎手も行って、キセキは3、4コーナー外をぶん回されるはめに。
 
 これが有馬記念のラップタイム。
 
6.8 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.2 - 12.8 - 12.6 - 12.2 - 11.6 - 11.8 - 11.8 - 12.2 - 12.9
 
 1000メートまでが速すぎるよ!!
 
 次がキタサンブラックが逃げ切った去年のラップ。
 
6.8 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 13.3 - 13.2 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.2 - 12.3
 
 このときもまた、武豊騎手が絶好の②番を引いて「インチキだ!」という声が飛び交った。 
 
 川田騎手はレースを組み立てることができなかった。
 
 おめでとう!! 池添騎手!!
 
 さらば!! サトノダイヤモンド!!
 
Photo_3  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあさあさあ!! 有馬記念で万馬券!! このレースの馬券を取れば1年間、気分がいい!!

 さあさあさあ!! 最後の大勝負!! 有馬記念ですよ!!

 
 2018年、最高の競馬は、皆さんもそう思っているはず、アーモンドアイのジャパンカップ!
 
 私のオールタイムベストは、オグリキャップ2着のジャパンカップ。イブンベイのド迫力の逃げが脳裏に焼き付いている。
 
 しかーし!! ⑭キセキはイブンベイを超越し異次元に突入した!!
 
 下のグラフは、過去2回のジャパンカップのラップタイムを折れ線グラフにしたもの。
 
Jc
 
 スタートして200メートルの地点から⑭キセキが刻んだのは最速ラップ10秒8!!
 
 そこに過去2年の有馬記念のラップタイムを重ねると……。
 
Jc_2
 
 これこそ世界レコードが生み出したモダンアートですなあ。
 
「アーモンドアイがいないレースはキセキが全部勝つ!」
 
 この直感は信じましょう!!
 
 ⑭キセキの単勝は買う。
 
 では、⑭キセキを差し切る馬はいるのか?
 
 皆さんは、⑫レイデオロだと思ってませんか?
 
 天皇賞(秋)で実際に差し切っているけど、⑫レイデオロが先頭に立ったときのラップタイムは12秒0。しかも、東京芝2000で舞台はまるで違う。オールカマーも前がばてている。
 
 勝敗を決した瞬間、最も速かった馬は?
 
 皆さんは、京都大賞典を「レベルの低いレース」と思ってませんか。
 
 早め先頭に立った⑥サトノダイヤモンドのラップタイムは11秒2!!
 
 有馬記念で繰り返されたのは「人気落ちからの大復活」と「有終V」だ!!
 
 額のダイヤモンドが時空を切り裂くぜ!!
 
中山11レース 有馬記念
 
単勝⑥⑭
 
馬単⑥―⑭⑤③①⑪⑫
 
⑭―⑥⑤①⑫③⑪
 
Photo
 
サトノダイヤモンド
 
Photo_2
 
キセキ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

朝日杯で固い握手

阪神11レース 朝日杯ヒューチュリティーステークス

 
単勝②
 
馬単②―⑤⑧⑭⑪⑨⑦
 
中山11レース ディセンバーステークス
 
単勝②
 
馬単②―⑧⑪
 
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧