« 京都新聞杯で14万円!! | トップページ | デムーロが勝ったやないけえ!! 全然儲かってないけど、最高の還暦祝いをもらったぞ! »

2019年5月 5日 (日)

「令和」(直訳「空気を読んで黙ってろ」)最初のGⅠ NHKマイルカップで「半分ダメ人間」デムーロが「ノーザンファーム独裁帝国の下僕」ルメールに勝つ条件

 そもそも、皐月賞サートルナーリアの鞍上が、ミルコ・デムーロではなく、クリスチャン・ルメールだった理由をこの国の競馬ジャーナリズムは一切、明らかにしていない。追及すらしない。

 デムーロは「サートルナーリアは歴史を変える馬」と断言した。騎手生活の集大成としてこの馬とともに過ごしてきた。デムーロにとってサートルナーリアは「唯一無比」の馬だったのだ。

 JRA全レースの約2割、全重賞の約4分の1をたったひとつの生産牧場ノーザンファームが勝つこの時代。

 札束の厚みを比べれば、競馬が「談合」「八百長」になるのは当然のことだ。

 天皇賞秋の賞金はレイデオロに回す。騎手はルメール。

 レイデオロはJCを回避して、最大の賞金はアーモンドアイに回す。騎手はともにルメール。

 朝日杯はデムーロのアドマイヤマーズに回すが、ホープフルステークスはサートルナーリアがいただく。

 で、突如として「サートルナーリアのクラシック戦線の鞍上はルメールにする」と陣営は発表した。

「競馬は政治、市場原理、効率を超越する。超越しないのであれば、私たちは競馬場になど行かず、職場で時給を稼いでいればいい。皐月賞。デムーロは絶対にルメールに勝たねばならない」

 私はそう念じたが、もちろん、気持ちがリアルに蹴散らされることの連続が競馬であり、アドマイヤマーズは馬券圏外4着に敗れた。

「令和」最初のGⅠ、NHKマイルカップ。私は当然、⑰アドマイヤマーズ(デムーロ)が⑦グランアレグリア(ルメール)をぶっちぎる予想に賭ける。

 これが朝日杯のラップタイム。

12.7 - 10.9 - 11.7 - 12.4 - 11.8 - 11.3 - 11.2 - 11.9

 これが桜花賞のラップタイム。

12.2 - 11.1 - 12.1 - 12.3 - 11.7 - 10.8 - 11.0 - 11.5

 次は逃げるであろう④イベリスが逃げ切ったアーリントンカップのラップタイム。

12.4 - 11.2 - 11.4 - 12.4 - 12.4 - 11.5 - 11.0 - 11.9

 テンの3ハロン目で⑦グランアレグリアを後ろに下げさせろ! 天皇賞春のエタリオウのようにな。

 もちろん、数字の裏付けは確固たるものではなく「薄氷」にすぎないが……。

 土曜日。天は東京競馬場に雹の嵐を巻き起こし、10レース以降3レースが中止された。

 ゼニ勘定と談合に明け暮れる「人間以外」は荒れ狂い、馬はいななき合っている。

東京11レース NHKマイルカップ

単勝⑰

馬単⑰ー⑭⑯③⑦①

10レース ブリリアントステークス

単勝⑫

馬単⑫ー⑩⑪②

京都11レース 鞍馬ステークス

単勝④

馬単④ー⑭⑪⑬

10レース 橘ステークス

単勝⑩

馬単⑩ー①⑥⑭⑫

新潟11レース 谷川岳ステークス

単勝⑯

馬単⑯ー①⑬⑨⑪

|

« 京都新聞杯で14万円!! | トップページ | デムーロが勝ったやないけえ!! 全然儲かってないけど、最高の還暦祝いをもらったぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都新聞杯で14万円!! | トップページ | デムーロが勝ったやないけえ!! 全然儲かってないけど、最高の還暦祝いをもらったぞ! »