« 天皇賞(秋)東京競馬場に奇跡は起きる!! | トップページ | たった二日の国会答弁で片山さつきのウソがばれた!! 「南村博博二氏は片山事務所とはなんの関係もない」(11月1日) 「南村氏は(私設秘書しか入手できない)通行証を保有していた」(11月2日) »

2018年10月29日 (月)

天皇賞(秋)レイデオロが勝った!! 「5代血統表にサンデーサイレンスの名前がない馬」6年ぶりの勝利!!

 って、書いて空しくなる。レイデオロは社台ファーム直系「サンデーサイレンスがいた」ノーザンファームの生産馬なのだ。

Photo

レイデオロ

 6年前に勝ったエイシンフラッシュは、「総本山」社台ファームがドイツから輸入した。

Photo_2

エイシンフラッシュ

 競馬場、牧場にサンデーサイレンスの血があふれ、交配ができなくなる「血の袋小路」を恐れ、正しく対処しているのは社台グループだけだ。

 サンデーサイレンスの子孫たちに賞金をがんがん咥えて来させ、その金で「非サンデーサイレンス系」の馬を輸入する。他の牧場はやりたくてもできないことだ。

 ジャパンカップはどうか?

「5代血統表にサンデーサイレンスの名前がない馬」の勝利は、なんと、2009年のウオッカが最後だ。

Photo_3

ウオッカ

 ウオッカを生産したカントリー牧場は、2012年2月に解散した。

「歴代リーディングサイアー」表など、空しくて誰も見ないだろうけど、1位の馬の5代血統表からサンデーサイレンスが消えるのを目撃するためには、1994年のトニービンまでさかのぼらなくてはならない。

 トニービンを輸入したのは、ノーザンファームだ。

「非社台」リーディンサイアーを見つけるためには、1989年のミルジョージまでさかのぼらなければならい。

 1989年の今頃は、オグリキャップがマイルチャンピオンシップとジャパンカップを連闘した狂気の秋。競馬ブーム爆発の起点だ。

Photo_4

オグリキャップ

 JRA競馬場入場者数がピークを記録するのは1996年。売り上げのピークは翌1997年。

 オグリキャップがJRA競馬場で疾駆した約2年10ヵ月。テレビ東京の血統予想コンピュータは延々とアナウンスを続けた。

<コンピュータの診断では、オグリキャップはダート向きである、という判定です。>

 どういうことか?

「出自」「血の呪縛」をぶっ飛ばし、下剋上を叫ぶ馬がいなければ、マニア、ギャンブラー以外の客を競馬場に呼べない、ってことだ。

 それは、ウオッカが疾駆した2007年以降、長期低迷だったJRAの売り上げ、入場者数がわずかだが上昇したことにも表れている。

 2008年。天皇賞(秋)。ウオッカ、ダイワスカーレット、牝馬2頭の壮絶な叩き合い。あれ以上の名勝負があったら教えてください。

 昨日の天皇賞の売り上げは、183億4111万1700円で前年比5.3%減だった。

|

« 天皇賞(秋)東京競馬場に奇跡は起きる!! | トップページ | たった二日の国会答弁で片山さつきのウソがばれた!! 「南村博博二氏は片山事務所とはなんの関係もない」(11月1日) 「南村氏は(私設秘書しか入手できない)通行証を保有していた」(11月2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/74492033

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞(秋)レイデオロが勝った!! 「5代血統表にサンデーサイレンスの名前がない馬」6年ぶりの勝利!!:

« 天皇賞(秋)東京競馬場に奇跡は起きる!! | トップページ | たった二日の国会答弁で片山さつきのウソがばれた!! 「南村博博二氏は片山事務所とはなんの関係もない」(11月1日) 「南村氏は(私設秘書しか入手できない)通行証を保有していた」(11月2日) »