« 麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 「労働者万歳! 麻生炭鉱ストライキだ!」 筑豊遠賀川の土手に数十本のムシロ旗が翻った!! | トップページ | 沖縄県知事選 佐喜真淳候補の選対にいる元週刊文春記者 竹中明洋のねつ造記事が巻き起こした憎悪の連鎖、そして殺人予告 »

2018年8月12日 (日)

大拡散希望!!麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 終戦間際、麻生吉隈鉱山でオーストラリア人捕虜2名が亡くなっていた!!

「私たちは麻生鉱山で殴られながら重労働に苦しんだ」

「腰布一枚だけを身につけ1日12時間勤務を強いられた」

 2009年4月。第2次大戦中のオーストラリア人捕虜3名が、麻生太郎首相に共同書簡を出した。

<当時の虐待行為とその事実を認めなかったことについて、個人的な謝罪を求めます。><過去の不法行為に対する救済についての国際的な基準に沿った金銭的補償を求めます。>

<こうした手続きを取ることは、あなた自身やあなたの親族企業、そして日本にとって正しい道です。>

 2006年1月。外務大臣となった麻生太郎は、日本記者クラブで次のような演説を行っている。

「実は私、西アフリカのそのまた西の端にあるシエラレオネという国で、昭和45年から2年生活したことがあります」

「私の実家というのは元は石炭の山を掘っておりました。シエラレオネでは、ダイヤモンドを掘れという命令です」

「ダイヤモンドを掘る現場ですから、マシンガンで襲われたりする事件に、いちいち驚いてはいられない。けれども我々のところは、全く襲撃されませんでした。部族の長老にきちんと挨拶をしてあるし、電気を起こしてあげたり薬を譲ったり。指導者たちの信頼を勝ち得ていたから、命を狙われるというような心配は何もなかったわけです」

「この時期以来、私はいつしか、『日本の常識は世界の非常識などと言うが、日本人がアフリカでもっと働くようになると、日本の常識は素晴らしいと言われるようになるのじゃないか』と思い、口にもするようになったのです」

「というのは2年というもの、我々日本から行った者と同じようにして、現地の人たちと一緒に汗を流しているヨーロッパ人や、アメリカ人の姿というものに、あまりお目にかかることがなかったからです。一般化しすぎるのは慎まないといけないが、少なくとも我々日本人だけでした、現地の人々とまったく同じ目線で、共同して働くという姿勢を持ち合わせていたのは」

 外国人とまったく同じ目線?

「日本人のこういう働きぶりこそ、我々の誇るべきソフトパワーではありませんか。現場で現地の人たちと一緒に汗を流し、労働の喜びそれ自体を伝道するということ」

 麻生太郎はシエラレオネの人々と一緒に汗を流した?

「旧約聖書によれば、労働とは、アダムとイブが神との約束を破った罰として与えられたものといいます。ところが古事記には、天照大神が機織小屋から出てみれば、神々は高天原で働いていたと書いてある。神々が働くくらいですから、日本の神話によれば労働とは当然のこととして、善をなす行いであるわけです」

 麻生太郎は、キリスト教徒の労働観をも否定したのだ。

 その年の11月、ニューヨーク・タイムズなど米国メディアが「麻生はウソつきだ」と一斉に報じた。

<麻生太郎一族が経営する石炭鉱山で第2次大戦の捕虜300人が強制的に働かされていた。>

 怒った麻生は外務省に怒鳴り込み、在米総領事館HPに否定のコメントを掲載させた。

<日本政府は当時の一私企業である麻生鉱業の雇用形態や労働条件などをコメントする立場にはない。しかしながら、日本政府は、これまでに麻生鉱業が強制労働に関与したというどんな情報も得たことがない。ニューヨーク・タイムズ紙が何の証拠もなしにこのような偏向した報道を行うとは、はなはだ遺憾である。>

 麻生太郎が総理大臣の椅子に座り、わずか3ヵ月後の2009年1月。在米総領事館はこのコメントを削除した。

 民主党議員の情報公開請求により、終戦間際の麻生鉱業の資料4つが、外務省の倉庫から発見されたからだ。

 1945年2月22日。麻生鉱業は、杉山元・陸軍大臣に対し「捕虜300名を1年間使用したい」という許可願を出していた。

 これがその許可願だ↓

Photo_2

 内訳は、オーストラリア人197名、英国人101名、オランダ人2名。

 その後の報告書には、オーストラリア人2名が麻生吉隈鉱山で死亡したことが記されていた。

Photo

麻生鉱業所吉隈鉱山

 わずか半年足らずで麻生鉱業はオーストラリア人ふたりを殺したのだ!

 終戦の年。麻生太郎一族の石炭鉱山はどうなっていたのか?

<一九三九年になると朝鮮から(労働者を)強制的に連れてくるようになった。毎月五十人づつ寮には千三百人も収容しとった。>

<坑口のすぐ側の第二鮮直(朝鮮人直轄寮)は、一つの棟を二階建ての総ガラス張りの監視所を作って番兵を置いた。

 赤坂炭鉱の寮は全部立ち入り禁止で、刑務所よりも悪かった。刑務所は申し込めば面会も出来たが、ここだけは絶対に許されんやった。

 寮の周囲には板塀があって、刑務所みたいに針金が出とって飛び越えるのは無理でね。石の門があって、そこしか出入りが出来んが、労務の詰め所があって犬一匹も通さんやった。>

<ある日、一人の朝鮮人坑夫の首筋の傷を見たので、

「お前、首の傷はどうしたとか?」とたずねた。

「労務からやられました」

 首筋には蛇のような跡形がついて、皮膚がめくれて逆立ちしとった。そこが化膿して血膿が出て、悪臭が漂っとったですばい。>

<見ただけで吐き気がきそうな体をしとった。それを側で聞いとった労務が、「何だと? 労務からやられたんだと? 嘘をつきやがって、誰が何時叩いたか!」といってまた叩き始めた。一人が仲に入って止めた。シャツを脱がせるとすごい傷跡でね。>

<炭鉱は、はっきりいって朝鮮人地獄ですよ。命令通り石炭を掘らんと、坑内でくらす(叩く)ですよ。馬でも牛でも朝鮮人ほどはくらさんですよ。>(黄学成・元麻生鉱業所赤坂炭鉱朝鮮人隊長の証言『消された朝鮮人強制連行の記録(林えいだい)』明石書店)

|

« 麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 「労働者万歳! 麻生炭鉱ストライキだ!」 筑豊遠賀川の土手に数十本のムシロ旗が翻った!! | トップページ | 沖縄県知事選 佐喜真淳候補の選対にいる元週刊文春記者 竹中明洋のねつ造記事が巻き起こした憎悪の連鎖、そして殺人予告 »

コメント

Добрый день. Предлагаем Вам наши услуги в области международных грузоперевозок.
Работаем международных перевозок грузов по основным маршрутам: Россия (Челябинск, Екатеринбург, Пермь, Новосибирск, Красноярск, Омск, Тюмень, Томск) - Беларусь - Казахстан.
Так же готовы организовать грузоперевозку по любым Вашим направлениям.
Наиболее конкретно можете узнать на сайте компании "МиТур" - https://mityr-trans.com
Невероятно счастливы видеть Вас в числе наших клиентов.

投稿: EvelynMic | 2018年8月17日 (金) 13時33分

Мы подберем для Вас лучшего специалиста для вашего праздника и уложимся в ваш бюджет - richeventkaluga.ru

эвент агенство и
ведущий на корпоратив
Мы знаем их слабые и сильные стоороны и мы поможем вам выбрать лучшего!

投稿: richeventkaluga | 2018年9月 3日 (月) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/74024237

この記事へのトラックバック一覧です: 大拡散希望!!麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 終戦間際、麻生吉隈鉱山でオーストラリア人捕虜2名が亡くなっていた!!:

« 麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 「労働者万歳! 麻生炭鉱ストライキだ!」 筑豊遠賀川の土手に数十本のムシロ旗が翻った!! | トップページ | 沖縄県知事選 佐喜真淳候補の選対にいる元週刊文春記者 竹中明洋のねつ造記事が巻き起こした憎悪の連鎖、そして殺人予告 »