« 「裏口入学」佐野太「レイプ犯」山口敬之「ナチに学べ」麻生太郎「スパコン詐欺師」齊藤元章が仕組んだ血税52億円強奪事件の全貌 | トップページ | 大拡散希望!!麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 終戦間際、麻生吉隈鉱山でオーストラリア人捕虜2名が亡くなっていた!! »

2018年8月11日 (土)

麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 「労働者万歳! 麻生炭鉱ストライキだ!」 筑豊遠賀川の土手に数十本のムシロ旗が翻った!!

<1999年 シエラレオネ

 ダイヤモンド採掘権をめぐり内戦は激化

 数千の命が消え 何百万もの難民が生まれた

 ダイヤには無縁の人々だった>

(映画「ブラッド・ダイヤモンド」冒頭の字幕)

Photo

「実は私、西アフリカのそのまた西の端にあるシエラレオネという国で、昭和45年から2年生活したことがあります。年齢で言うと、30歳になった年に行き、32歳までおりました。

 実家の会社からの派遣でした。ご存知なくても一向構いませんが、私の実家というのは元は石炭の山を掘っておりました。シエラレオネでは、ダイヤモンドを掘れという命令です」

(麻生太郎・外務大臣の演説 日本記者クラブ 2006年1月)

Photo_2

麻生太郎

 シエラレオネのダイヤモンド採掘権を握っていたのが、麻生太郎の「実家の会社」麻生産業だった。

 世界のダイヤ消費量の3分の2は、アメリカと日本が占めていた。

 映画のファーストシーンで漁師のソロモン・バンディー(ジェイモン・フンスー)は反政府軍に捕らえられる。

「お前ら、わかるな? 政府は投票させたい。“国の未来は国民の手にある”ってさ。違う! 俺たちの未来だ。だから手を切る。投票させない。切れ!」

 少年の手が斧で切断される。

「広めろ! “革命統一戦線(RUF)”が来たと」

 次はソロモンの番だったが、

「いや待て。切るな。こいつは使える。トラックへ。採掘場行きだ。こいつは働ける。乗せろ」

 ダイヤモンド採掘場でRUFのポイズン大尉(デヴィッド・ヘアウッド)が叫ぶ。

「この国の政府は白人の言いなりで、ダイヤの利益を独占してきた。RUFは人民を解放した。奴隷も主人もいない」

 麻生太郎はなぜ、シエラレオネの地に降り立ったのか?

<みなさんは、西アフリカにある「シエラレオネ共和国」をご存じだろうか?>

<この国の人々の健康状態は、世界一悪いことで知られている。

 例えば、平均寿命は三十四歳(二〇〇二年、ユニセフの統計)と世界最短であり、日本人の平均寿命が八十歳ぐらいであることと比較すると、半分以下である。>(山本敏治『世界で一番いのちの短い国 シエラレオネの国境なき医師団』小学館文庫)

 麻生太郎一族の奴隷労働の記録は百年前に始まる。

<筑豊で大正時代から朝鮮人坑夫を大量に雇用したのは、一九一六年貝島炭鉱が最初であった。次に三菱鉱業所、麻生商店(後の麻生鉱業所)、古川鉱業所へと続いた。>(林えいだい『消された朝鮮人強制連行の記録』明石書店 以下「」内は同書からの引用)

 戦前、麻生炭鉱で一番タフだった男、黄学成はこう語っている。

<一九二八年の八月十七日、麻生赤坂炭鉱に志願できた。><八十人の坑夫を抱えて、朝鮮人納屋では大きいほうでね。納屋の部屋をぶっ放して広いところに坑夫はごろごろ、まるで豚小屋のような感じやった。>

<赤坂炭鉱の坑内はガスが多くて、息苦しくて採炭するとふらふらしてね。安全灯を持って下がるが、ガスが多いとぽっぽっと燃えるが、ガスのないところじゃ青い火が燃えた。>

<二交代制の場合は十二時間だが、それで上がれることはない。石炭を掘っても函がないと上まで出せないから、函待ちで上の連中と揉めるよ。本線のレールが一本しかないから下の者は文句をいうが、箱がないのでやっぱり十五時間くらい坑内におるわけだね。

 朝五時に入坑して、昇抗するのが十時になるのはそう珍しいことではないので、眠る時間が少ないからぐいぐい酒を呑んで疲れを取るしかない。

 納屋は広い割に天井板がないので、冬になると外の風が吹きまくって、センベイ布団の中で震え上がった。畳は取り替えないので、炭塵に汚れてぼろぼろでね。万年床の布団も真っ黒で、日に干したことがないからべとべとしとる。二交代制で半分は入坑しとるから、開いた布団に誰から潜り込んで寝た。>

 安いことで有名だった賃金は、なんと、現金で支払われなかった。

<不況になっても困らないように何処の炭鉱も金券という、炭鉱発行の紙幣を出して、これは炭鉱切符ともいわれとった。麻生の鉱主の紋入りで、五十斤とか百斤とか小刻みにあって、これは炭鉱とか納屋の売勘場(売店とも配給所ともいう)しか通用せんので、飯塚の街では買い物ができないのよ。売勘場の価格は、普通の店より二、三割は高いから、働いた賃金は全部炭鉱から吸い取られてしまう仕組みになっとる。>

 日給は80銭。現在価格で1900円ほどだ。

 麻生太郎は、シエラレオネのダイヤモンド坑夫にいくらの賃金を支払っていたのか?

 2012年発行の本にはこう書かれている。

<農村部では、平均賃金が一日に一ドル(約八十円)以下>(マリアトゥ・カマラ スーザン・マクリーランド『両手を奪われても シエラレオネの少女マリアトゥ』汐文社)

|

« 「裏口入学」佐野太「レイプ犯」山口敬之「ナチに学べ」麻生太郎「スパコン詐欺師」齊藤元章が仕組んだ血税52億円強奪事件の全貌 | トップページ | 大拡散希望!!麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 終戦間際、麻生吉隈鉱山でオーストラリア人捕虜2名が亡くなっていた!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/74017836

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 「労働者万歳! 麻生炭鉱ストライキだ!」 筑豊遠賀川の土手に数十本のムシロ旗が翻った!!:

« 「裏口入学」佐野太「レイプ犯」山口敬之「ナチに学べ」麻生太郎「スパコン詐欺師」齊藤元章が仕組んだ血税52億円強奪事件の全貌 | トップページ | 大拡散希望!!麻生太郎と「ブラッド(虐殺)ダイヤモンド」の深い闇 終戦間際、麻生吉隈鉱山でオーストラリア人捕虜2名が亡くなっていた!! »