« 今年4月 小学校5・6年の教室に吉田松陰の幽霊が出た!! 「天下は一人の天下なり」吉田松陰 25歳 「天下は一人の天下にあらず、天下の天下なり」山縣太華 75歳 | トップページ | 「福島原発の水たちに愛と感謝を」「私は放射能に感謝の気持ちを送ります」(安倍昭恵) 反省の気持ちゼロメートル地帯「無人の異界」をひとり行く総理夫人 »

2018年6月18日 (月)

「ウソをついてはいけません」と教える道徳教科書の大ウソ!! 「至誠にして動かざる者はいまだこれ有らざるなり」 小学生と父母の皆さん! これは吉田松陰の言葉ではない!!

 小学校5・6年生の皆さん。教科書『私たちの道徳』の39ページを開いてみてください。

Photo

<「誠実である」ということ

「誠」の意味を、

    調べると……。

まこと【誠】

①誠実でいつわりのない心。素直で真面目な心。

②本当のこと

うそやいつわりのないこと。

「誠実」の他に、「誠」が付く言葉には、

どのような言葉があるでしょう。

その言葉には、どのような意味があるでしょう。>

 この文章の下に「吉田松陰の言葉」が出てきますね。

<「至誠にして動かざる者はいまだこれ有らざるなり」

 吉田松陰(思想家・教育者)

※真心を持って対すれば、動かすことができないものはない。>

Photo_2

 これは吉田松陰の言葉ではありません。

<至誠にして動かざる者はいまだこれ有らざるなり>

 この文字をコピーして、グーグル検索をかけてみてください。

<出典:『孟子』離婁上>

 これは2400年ほど前に中国で生まれた孟子が書き残したもの。

Photo_3

 2000年以上前に書かれたものなのに今も売れまくっている孟子の言葉 キリストよりもむちゃくちゃ古いのにね

 道徳の教科書が「ウソついていけません」と教えるページに、文部科学省の役人、立派な大学を出た大人が大ウソを書いているのです。

 これ、お隣の国、中国の人たちに失礼ではありませんか?

 今年4月から始まった正式な教科「道徳」の教科書になぜ、ウソが書かれているのか?

 森友学園、加計学園の問題と同じです。

「私が尊敬する吉田松陰を道徳の教科書に掲載するように」(安倍晋三)

 この指令は「首相案件」であり、ゆえに官僚は逆らえず、文書の改ざんをやったんです。

 もし、私が首相からそんな指令を受けた文科省官僚だったら、頭を抱えていたでしょう。

 吉田松陰が「道徳的な人間」とは180度かけ離れた行動を取っているからです。

<死を畏れざる少年三、四輩、弊塾まで早々お遣わししかるべく>

 これは、老中・間部詮勝の暗殺を決意した吉田松陰が小国融蔵に出した手紙です。

「死んでも構わない少年、自殺志願者、自爆テロ要員を3、4人、松下村塾に早く送ってくれ」ということ。

 このとき、老中暗殺計画を親友の高杉晋作、久坂玄端に反対され、ふたりを罵倒、絶交して、吉田松陰は難儀な立場にあったんですね。

「至誠にして動かざる者はいまだこれ有らざるなり」

 これ、「誠実に真心をもって話せば、みんなわかってくれる」という意味じゃないのでしょうか?

<一人の妖猾さへ仆れ候へば、天下の事は定まり申すべく候>

 これは江戸にいた松浦松洞に吉田松陰が出した手紙です。

「一人の悪人をぶっ殺せば、世界は平和になる」ということ。

 安倍晋三は「対テロ戦争」のさなか、日本史上でもまれにみる過激派、テロリストを「道徳」の教科書に掲載させたのです。

 学校でのいじめのなかでも最も醜悪な「葬式ごっこ」を発明したのも吉田松陰です。

 松下村塾で吉田松陰が最も可愛がった門下生が、吉田栄太郎です。松蔭が牢屋に入れらる際、長州藩の重鎮に抗議したひとり。栄太郎は親、上司からむちゃくちゃに叱られ、渋々、松蔭との縁を切りました。

 しかし、松蔭には栄太郎の置かれた立場を理解できないんですね。

「お前が俺を慕っているのはわかっている。なぜ、正直になれるのだ?」

「俺が手紙を出したのに返事がないとは何事だ?」

「お前が親を思う気持ちは私情にすぎぬ。この天下国家の非常時に通用せぬわ」

 などと松蔭は栄太郎を罵倒しました。

「栄太郎は生きているが栄太郎の心は死んだ」

 吉田松陰は松下村塾で線香を炊き、吉田栄太郎の葬式をやったのです。

 史上まれにみる「いじめっ子」「過激派」「テロリスト」を安倍晋三は「道徳」の教科書に掲載するよう命じたのです。

 小学校5・6年生の皆さん!

 次の道徳の授業で先生に質問してください。

「教科書39ページにある言葉は本当に吉田松陰の言葉なんですか?」

|

« 今年4月 小学校5・6年の教室に吉田松陰の幽霊が出た!! 「天下は一人の天下なり」吉田松陰 25歳 「天下は一人の天下にあらず、天下の天下なり」山縣太華 75歳 | トップページ | 「福島原発の水たちに愛と感謝を」「私は放射能に感謝の気持ちを送ります」(安倍昭恵) 反省の気持ちゼロメートル地帯「無人の異界」をひとり行く総理夫人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/73702255

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウソをついてはいけません」と教える道徳教科書の大ウソ!! 「至誠にして動かざる者はいまだこれ有らざるなり」 小学生と父母の皆さん! これは吉田松陰の言葉ではない!!:

« 今年4月 小学校5・6年の教室に吉田松陰の幽霊が出た!! 「天下は一人の天下なり」吉田松陰 25歳 「天下は一人の天下にあらず、天下の天下なり」山縣太華 75歳 | トップページ | 「福島原発の水たちに愛と感謝を」「私は放射能に感謝の気持ちを送ります」(安倍昭恵) 反省の気持ちゼロメートル地帯「無人の異界」をひとり行く総理夫人 »