« その他の競馬予想 | トップページ | あなたのポケットにある「恐怖新聞」Jアラート発動 このとき、安倍晋三は解散総選挙を決めた 夢を語っていた独裁政権が「恐怖」であなたの1票を支配する日曜日 »

2017年10月15日 (日)

!!大拡散希望!!「2012不正選挙」後、ボーイング社(オスプレイ製造)への送金額(100%私たちの血税)が8・6倍に!!安倍晋三3000億円の公金横領「ボーイング事件」

 なぜ、緑のタヌキがひょっこり飛び降りてきて、私たちの野党共闘をぶっ壊したのか?

 なぜ、前原誠司は「私は正しい」などと平然と語るのか?

 なぜ、新聞各紙の選挙予想が軒並み「与党圧勝」なのか?

「3・11」のちょうど一ヵ月後、2011年4月11日に退役した米軍幹部の巣窟「戦略国際問題研究所CSIS」が「復興と希望のための日米パートナーシップ」なるものをでっちあげ、原子力災害下の東京に乗り込んできた。

 ボスの名は、ジェームズ・マックナーニ。オスプレイを製造するボーイング社CEO。

 このとき、独裁は仕組まれたのだ。

 不正選挙で総理の椅子に座った安倍晋三は、真っ先にワシントンのCSISに駆け付け、スピーチをした。

「日本の防衛費を増やします」

 下のグラフを見てほしい。

Photo_3

 安倍政権になり、ボーイング社の送金額は8・63倍になった!!

 ここには「E―767の能力向上」という名の使途不明金574億円が含まれている。

 安倍晋三は今すぐ、574億円を福島の子どもたちの元に届けろ!!

 米軍事企業わずか3社への送金額は6倍になった!!

Photo_4

 日本国民(赤ん坊含む)は、年間3千円を大量虐殺者集団に差し上げている。

 この360度どこからどうみても理不尽で不条理な送金システムを守るために日本の政治家どもは働いている。

 原子力災害を起こした国は独裁国家になる。

 我が祖国は米国の植民地となった。

 私たちの本当の主の顔と名前をおぼえておこう。

Photo_5

ウェズリー・ブッシュ ノースロップ・グラマン社CEO

Photo_6

マリリン・ヒューソン ロッキード・マーティン社CEO

Photo_7

ジェームズ・マックナーニ ボーイング社CEO

 私たちはなぜ、従わなければならないのか?

|

« その他の競馬予想 | トップページ | あなたのポケットにある「恐怖新聞」Jアラート発動 このとき、安倍晋三は解散総選挙を決めた 夢を語っていた独裁政権が「恐怖」であなたの1票を支配する日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/71975992

この記事へのトラックバック一覧です: !!大拡散希望!!「2012不正選挙」後、ボーイング社(オスプレイ製造)への送金額(100%私たちの血税)が8・6倍に!!安倍晋三3000億円の公金横領「ボーイング事件」:

« その他の競馬予想 | トップページ | あなたのポケットにある「恐怖新聞」Jアラート発動 このとき、安倍晋三は解散総選挙を決めた 夢を語っていた独裁政権が「恐怖」であなたの1票を支配する日曜日 »