« 東芝救済劇の深層 「社内殺人企業」サザンに百戦錬磨の助っ人フランス人が加わった その男の名は、ダヴィド・ド・ロチルド ウェスチングハウスを破産に追い込んだ張本人だ! | トップページ | 「再稼働反対!」私たちの路上の声が国際原子力マフィアの息の根を止める! 東電がカナダからのウラン購入契約を破棄! 日本のマスコミは一切報道せず »

2017年5月15日 (月)

54億ドル「詐取」の次は37億ドル「脅迫」 ウラン採掘のためカナダの広大な山林を買ったアンソニー・ロスチャイルドの投資銀行が、東芝と大ゲンカ中の米電力会社「サザン」の助言者となった理由は?

<1952年にはイギリス首相ウィンストン・チャーチルの要請を受けて、カナダ・ニューファンドランドに1800万平方キロメートルという広大な土地を購入し、ブリティッシュ・ニューファンドランド(BRINCO)を創設して同地の資源開発を進めた。>(ウィキペディア「アンソニー・グスタフ・ド・ロスチャイルド」)

 これは横山三四郎『ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡』(講談社)からの引用。

 これが事実なら、なんと、日本の面積の47倍超だ。

 この土地取引の最大の目的はウラン採掘。

<この事業は「今世紀この大陸における最大の不動産取引」と評された。帝国主義者であるチャーチルも大いに喜び、この事業に「偉大なる帝国の受胎」という名前をつけている。>

 いったい、いくらのカネがロスチャイルド家の金庫から出て行ったのか?

 このときのアンソニー・ロスチャイルドの肩書は、投資銀行「N・M・ロスチャイルド・アンド・サンズ」頭取。

Photo_2

 65年後の今、東芝の前に突如、現れた投資銀行だ。ジョージア州ボーグル原発を所有する米電力会社「サザン」のアドバイザーとして。

 ロスチャイルドと契約したサザンのトーマス・ファニング会長は、突如として、こう言い出した。

「東芝よ! 今すぐ37億ドル出せ!」

 日本では「ロスチャイルド」と書いただけで陰謀論あつかいされるし、私自身も奇々怪々な話だと思うよ。

 でも、カネの流れを見れば、すっきりと収まってしまう。

 1998年。ウェスチングハウスをわずか12億ドルで手に入れたのは、英国核燃料会社だった。株の100%英国政府が持つ国営企業であり、この取引で損した企業はどこにもなかった。

 2006年。英国核燃料会社はウェスチングハウスを東芝に転売して、54億ドルのカネを手に入れた。

 このカネはどこに消えたのか、誰も知らない。

 ウェスチングハウス売却のわずか3年後に英国核燃料会社はすべての資産を売り払い、今は影も形もないからだ。

 すべてはロスチャイルド家の「債権回収」だった。

 そう考えれば、つじつまが合ってしまう。

 2011年3月14日。東電福島第一原発「東芝製」3号機が爆発。

 ウラン価格暴落。

 米国のウラン濃縮会社USEC破産。

 現在までに世界で70基近い原発の閉鎖が決まった。

 原子力にはもう明日はないが……。

 支配層のささやき声が聞こえないか?

「さて、もう一度、東京浜松町に取り立てに行きますか」

「東芝をハメろ! 東芝の資産をすべて奪え!」

「ハメろってなあ、言葉が悪いなあ。東芝に責任を取ってもらいましょう」

|

« 東芝救済劇の深層 「社内殺人企業」サザンに百戦錬磨の助っ人フランス人が加わった その男の名は、ダヴィド・ド・ロチルド ウェスチングハウスを破産に追い込んだ張本人だ! | トップページ | 「再稼働反対!」私たちの路上の声が国際原子力マフィアの息の根を止める! 東電がカナダからのウラン購入契約を破棄! 日本のマスコミは一切報道せず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/70567535

この記事へのトラックバック一覧です: 54億ドル「詐取」の次は37億ドル「脅迫」 ウラン採掘のためカナダの広大な山林を買ったアンソニー・ロスチャイルドの投資銀行が、東芝と大ゲンカ中の米電力会社「サザン」の助言者となった理由は?:

« 東芝救済劇の深層 「社内殺人企業」サザンに百戦錬磨の助っ人フランス人が加わった その男の名は、ダヴィド・ド・ロチルド ウェスチングハウスを破産に追い込んだ張本人だ! | トップページ | 「再稼働反対!」私たちの路上の声が国際原子力マフィアの息の根を止める! 東電がカナダからのウラン購入契約を破棄! 日本のマスコミは一切報道せず »