« エマニュエル・マクロンはルペンよりも危険な人物 元ロスチャイルド銀行副社長 こいつが大統領になったら、マリ空爆のような大義のかけらもない大量虐殺が繰り返される | トップページ | 仏大統領選 ルペンとマクロン どちらが危険人物か? 仏政府が隠蔽を続けるアルジェリアでの大量虐殺とロスチャイルド »

2017年4月26日 (水)

「ロスチャイルド」と書いただけで「陰謀論者」の烙印が押される国、日本「フランス銀行」で検索してウィキペディアを見てほしいと思います<フランス銀行の株主総会への出席者は出資額の上位200人だけに許された><200家族に支配された>

<1800年、ナポレオン・ボナパルトがフランス内の貨幣統一を目指し、フランス銀行(Banque de France)を設立した。>
<ナポレオン戦争終結後の1817年、国がロスチャイルド家とホープ商会を通じて5%利付公債を57%で募集。>
<1830年1月12日、8000万フラン国債を発行価格102.075%年利4%でロスチャイルドが引受けた[13]。6月、アルジェリア侵略。>
<1841年、3%利付国債1.5億フランはカルテルでロスチャイルドが3/4を引受けた。引受価格は額面の78.52%だった。1844年、公共事業国債2億フランはロスチャイルドが84.75%で引受けた。1847年の3.5億フラン国債もロスチャイルドが75.25%で引受けた。>
<創立以降、株主総会への出席者は出資額の上位200人だけに許された。そしていわゆる200家族に支配された。フランス銀行は統計上4万名の株主がいたが、大株主は彼ら家族であった。彼らのうち84人が各自100株以上を保有していた。ロチルド、マレMallet、オタンゲルHottinguer、鉄のヴァンデルWendel、法人株主は有名どころでモエ・エ・シャンドンしか例に出せないが、50から100株保有するものでは保険会社が17社もあった。200家族は毎年の株主総会で15人の理事を選んだが、常連はロスチャイルド、マレ、ミラボーMirabaud などであった。>(ウィキペディア「フランス銀行)
 
 ロスチャイルド完全支配のフランス。
 
 またしても、ロスチャイルド銀行から大統領が送り込まれようとしている。
 
Photo
 
デヴィッド・デ・ロスチャイルド
 
Photo_2
 
エマニュエル・マクロン
 
 アフリカを殺すな!!
 
Photo_3

|

« エマニュエル・マクロンはルペンよりも危険な人物 元ロスチャイルド銀行副社長 こいつが大統領になったら、マリ空爆のような大義のかけらもない大量虐殺が繰り返される | トップページ | 仏大統領選 ルペンとマクロン どちらが危険人物か? 仏政府が隠蔽を続けるアルジェリアでの大量虐殺とロスチャイルド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/70386187

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロスチャイルド」と書いただけで「陰謀論者」の烙印が押される国、日本「フランス銀行」で検索してウィキペディアを見てほしいと思います<フランス銀行の株主総会への出席者は出資額の上位200人だけに許された><200家族に支配された>:

« エマニュエル・マクロンはルペンよりも危険な人物 元ロスチャイルド銀行副社長 こいつが大統領になったら、マリ空爆のような大義のかけらもない大量虐殺が繰り返される | トップページ | 仏大統領選 ルペンとマクロン どちらが危険人物か? 仏政府が隠蔽を続けるアルジェリアでの大量虐殺とロスチャイルド »