« 東芝巨額損失事件の闇 東芝の源流、礎である東京電気は米国企業だった! 1905年、GEが東京電気株の51%を取得 これこそが、TPPにつながる「特許権」「知的財産権」を武器にした米国の攻撃第一号だった | トップページ | 「発明王」エジソンの刺客が来たらメキシコに逃げ込んで撮影を続けろ! 法人vs人間、独占企業vs差別された人間の闘いの果て、「映画の都」ハリウッドは誕生した アカデミー賞の大混乱を深読み »

2017年2月19日 (日)

東芝巨額損失事件の闇 ウェスチングハウス買収は、ディック・チェイニーが仕掛けた罠だった 息子ブッシュ政権のエネルギー計画に「東芝」の文字はなかった 世界の投資家を爆笑させた「買収金額54億ドル」は「仲間はずれ」東芝のあせり以外の何ものでもない

 日本ではまったく報道されないが……。

<ゴールドマンが東芝の半導体事業売却で助言-2月上旬に1次入札>(ブルームバーグ 2017年1月25日)

<米ゴールドマン・サックスが東芝の半導体事業の分社化に伴う一部株式の売却について助言していることが、複数の関係者への取材で明らかになった。東芝は米原子力発電事業で発生する損失を穴埋めするため事業や資産の売却を進める。>

「日本を代表するメーカー」東芝の命運は米国人にゆだねられている。

 2月14日の記者会見で、綱川社長は「ベクテル」という企業名をポロリと漏らしている。

 ストーン&ウェブスターは、まったく仕事せず、損失のみを積み上げた。

 新たに契約したフルアー社が出した見積もりは、想像を絶する巨費だった。

 だから、ベクテル社と新たに契約する?

 世界一でっかくて世界一謎に満ちた会社、ベクテルに助けを求めちゃダメだろう!?

 東芝は、米国人に何度騙されたら、目が覚めるのか?

 

 そもそも、東芝はなぜ、資産価値19億ドル程度のウェスチングハウス社(WH)を54億ドルで買ったのか?

 ゲームのホイッスルを鳴らしたのは、ブッシュ政権のディック・チェイニー副大統領だった。

 息子ブッシュがインチキの選挙で大統領になると、すぐさま「新エネルギー計画」を発表した。

 書いたのはチェイニーである。

「イの一番」に取り上げられたのが、原発の推進だった。

80年代から今まで、米国格付け会社は「原発は投資不適格」という見解を変えていない。米国では1978年を最後に原発の新規発注は途絶えたままだ。

 どうやって原発を造るのか?

「原発建設に投資した者に福音」

「その原発が動かなかった場合、投資金の8割を米国民の血税からお支払いいたします」

 大盤振る舞い……てゆーか完全な詐欺だが……この条件でも手を上げる銀行、投資家はいなかった。皆無。

 この事実こそ「原子力の死」を何よりも強く証明している。

 大金ばら撒きはそれだけではない。

「原発新設には規制当局の厳しい審査がありますが、審査による建設遅延コストは米国民の血税からお支払いいたします」

 原子力規制委員に支払われている給料も米国民の血税なのだから、こんなむちゃくちゃな話はない。

「原子力ルネサンス」という名の巨大な詐欺が始まった。

 

 このとき、東芝はどうしていたのか?

 血税に群がった企業集団はふたつあった。

 ひとつは全米最大の原発所有企業「エクセロン」が中核の「NuStartエナジー」。直訳すれば「原子力を始めるぞ」連合だ。

 エクセロン。コンステレーション・エナジー。エンタジー。サザン・カンパニー。EDF。デューク・エナジー。TVA。ウェスチングハウス。ゼネラル・エレクトリック。

 極悪企業大集合の観だが……問題は米国エネルギー省が認定した「炉型」

である。

<ESBWR、AP1000のいずれか>

 AP1000はWHの新型原子炉。ESBWRは東芝の最大のライバルである日立製作所が設計した原子炉なのだ。

 その日立はもうひとつの企業集団に名を連ねていた。

 ドミニオン・リソーシズ。日立アメリカ。ベクテル。カナダ原子力公社の子会社AECLテクノロジー。

<(炉型)ACR―700>

 日立はESBWRの採用に成功し、さらにカナダとも手を組んでいた。

 東芝は?

 チェイニーの計画に東芝の名はどこにもない。東芝の新型原子炉「ABWR」も無視されている。完全なハブ。

 1990年代から、「選択と集中」は東芝社長の金科玉条だった。原子力部門は「選択」から外れることがなかった。

東芝はディック・チェイニーにハメられた。

「金はいくら出してもいい。なんとしてもWHと加圧水型原子炉の技術を手に入れろ」

 西田厚聡、佐々木則夫の「自社から訴えられた元社長」コンビを追い詰めたのは、チェイニーが書いたエネルギー計画だった。

Photo

|

« 東芝巨額損失事件の闇 東芝の源流、礎である東京電気は米国企業だった! 1905年、GEが東京電気株の51%を取得 これこそが、TPPにつながる「特許権」「知的財産権」を武器にした米国の攻撃第一号だった | トップページ | 「発明王」エジソンの刺客が来たらメキシコに逃げ込んで撮影を続けろ! 法人vs人間、独占企業vs差別された人間の闘いの果て、「映画の都」ハリウッドは誕生した アカデミー賞の大混乱を深読み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/69656481

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝巨額損失事件の闇 ウェスチングハウス買収は、ディック・チェイニーが仕掛けた罠だった 息子ブッシュ政権のエネルギー計画に「東芝」の文字はなかった 世界の投資家を爆笑させた「買収金額54億ドル」は「仲間はずれ」東芝のあせり以外の何ものでもない:

« 東芝巨額損失事件の闇 東芝の源流、礎である東京電気は米国企業だった! 1905年、GEが東京電気株の51%を取得 これこそが、TPPにつながる「特許権」「知的財産権」を武器にした米国の攻撃第一号だった | トップページ | 「発明王」エジソンの刺客が来たらメキシコに逃げ込んで撮影を続けろ! 法人vs人間、独占企業vs差別された人間の闘いの果て、「映画の都」ハリウッドは誕生した アカデミー賞の大混乱を深読み »