« 「もんじゅは投資に見合う価値がある」児玉敏夫・JAIA理事長 職員怪死事件は未解決だ!!「高速炉開発会議」の狂気 | トップページ | 暗黒よ、こんにちは ヒラリー・クリントン大統領誕生で日本の原発が爆発する?殺人原子炉「もんじゅ」復活と米国 »

2016年10月22日 (土)

もんじゅは殺人に見合う価値がある!? 職員怪死の謎 「勘異い」「遠り越し」など、ありえない誤字だらけの遺書はねつ造されたのか!?

 西村成生さん。享年49歳。亡くなったときの役職は、動力炉・核燃料開発事業団(動燃)総務部次長だった。

「もんじゅ」は運転開始後、わずか4カ月でナトリウム漏れ事故を起こした。動燃は、配管から漏れ出したナトリウムが雪のように降り積もった生々しい動画を撮影していたが、上層部の命令で隠ぺいされた。西村さんは、「ビデオ隠し」の内部調査を命じられ、死体発見の前日、記者会見を行った。

「本社の管理職の関与があった」

 翌日。1996113日。西村さんは宿泊中のホテルの非常階段の下で変死体となって発見された。見つけたのは上司だった。

Photo

 妻と上司、同僚に宛てられた3通の遺書があったことから、警察は飛び降り自殺と断定。司法解剖は行われなかった。

 西村さんの死の謎を『原子力ムラの陰謀』(今西憲之+週刊朝日取材班 朝日新聞出版)を元に整理してみよう。

 まずは、3通の遺書の謎。

 遺書には「勘異い(勘違い)」「反展(発展)」「遠り越し(通り越し)」といった、ありえない誤字が含まれていた。

 西村さんは長く動燃の文書課で働いていた。原発に関する報告書の類には、一字一句、通産省(現・経産相)から厳しいチェックが入る。妻のトシ子さんはこう語っている。

<「長年、文書課で役所に提出する書類をチェックする仕事をしていたから、夫は誤字、脱字には厳しかった。いくら気が動転していても、こんな書き間違えはしないはずです」>

 死体発見の日の午後、大石博・動燃理事長が記者会見で西村さんの遺書を読み上げたが……。

<私の対応のまずかさから、深刻な事態を引き起こす恐れを生じさせてしまった。>

 遺書にはそんなことは書かれていない。

<私の勘異いから、理事長や役職員に多大の迷惑、むしろ「本当のウソ」といった体質論に反展させかねない事態を引き起こす恐れを生じさせてしまった。>

 後者がオリジナルの文章。なんと、動燃は、勝手に遺書まで修正、改ざんしたのだ。

 妻のトシ子さんは、動燃に説明を求めたが、遺体の第一発見者、大畑宏之理事が面会に応じたのは4月になってからだった。同席した理事長の秘書役、T氏は、

「発作的に自殺をしてしまったんだよ」

 などと語り、<西村職員の自殺に関する一考察>という文書を手渡した。

<(西村氏が)記者会見に出席した際、プレスから厳しい質問にさらされ回答している中で勘異い当弁をし、その場のムードから素直に訂正が出来ず頑張り切ってしまったのだと推察しました。>

 そこには遺書と同じ「ありえない誤字」があった。

 死の直前、西村さんは動燃本社から5枚のファックスを受け取ったとされているが、トシ子さんや裁判を担当した弁護士が要求しても動燃は「ファックスの現物はない」と資料提出を拒否した。

<(トシ子さんが)『主人が受け取ったファックスを返してほしい』と言うと、隣にいた大畑理事は驚いた様子で顔色を変え、席を立った。そして、そのまま一言のあいさつもなく、どこかに消えてしまいました>

 1998年。動燃は「核燃料サイクル開発機構」となった。さらに2005年、看板は日本原子力研究開発機構(JAEA)に書き換えられた。

 もんじゅのお守役の変更は「改革」とされているが、取材に対するJAEAの態度は一貫している。

「動燃時代に何が行われたのかは不明」

 西村さんは闇の中に取り残されたままだ。

 2016107日。児玉敏夫JAEA理事長は経産省の秘密会議で吠えた。

「もんじゅは投資に見合う価値がある」

 20年間続く闇。

|

« 「もんじゅは投資に見合う価値がある」児玉敏夫・JAIA理事長 職員怪死事件は未解決だ!!「高速炉開発会議」の狂気 | トップページ | 暗黒よ、こんにちは ヒラリー・クリントン大統領誕生で日本の原発が爆発する?殺人原子炉「もんじゅ」復活と米国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/68057835

この記事へのトラックバック一覧です: もんじゅは殺人に見合う価値がある!? 職員怪死の謎 「勘異い」「遠り越し」など、ありえない誤字だらけの遺書はねつ造されたのか!?:

« 「もんじゅは投資に見合う価値がある」児玉敏夫・JAIA理事長 職員怪死事件は未解決だ!!「高速炉開発会議」の狂気 | トップページ | 暗黒よ、こんにちは ヒラリー・クリントン大統領誕生で日本の原発が爆発する?殺人原子炉「もんじゅ」復活と米国 »