« 東電は3年以上、3号機のカラー写真を公表していない! 撮影するのは簡単です | トップページ | さようなら、アトム 米フォートカルホーン原発永久閉鎖 運転43年 廃炉60年 ウランと人類の103年 »

2016年10月28日 (金)

3年前の写真に図面を張りつけただけの東電福島第一原発の最新画像 本当に作業が完了したのなら写真は撮れるはずです

 3号機の廃炉作業はまったく進展していません。

 
 爆発後の最上階、オペフロには5年7カ月、誰も入ることができません。
 
 なぜ?
 
 死ぬからです。
 
 東電は放射線量低減をずうっと言ってきていますが、いまだ、人が立ち入れる場所ではありません。
 
 遮へい体を無人重機で入れた、というのなら、その写真を公表すべきです。
 
Photo_4
 

|

« 東電は3年以上、3号機のカラー写真を公表していない! 撮影するのは簡単です | トップページ | さようなら、アトム 米フォートカルホーン原発永久閉鎖 運転43年 廃炉60年 ウランと人類の103年 »

コメント

東電は、
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images1/images1/d160526_08-j.pdf#page=17&zoom=50
「プール内の瓦礫(大瓦礫と小瓦礫)はすべて撤去した。
 残ってるのは、燃料の隙間に挟まってる破片(床狭隘部残留小瓦礫)だけだ」
と発表してるようです。
それなのに画像を公開してくれない理由は、恐らく、
その、燃料の隙間に挟まってる破片(床狭隘部残留小瓦礫)だけで、
プール全体が覆い隠されたままだとバレるから、
つまり、
残り550体が全部そこにあるのか飛散済なのかの目視確認が
未だにできていないことがバレるからだと思います。
(目視して飛散済だとわかり隠してる、ということは無いと思う(理由は後述))

プール全体を覆い隠している物を
燃料の隙間に挟まってる破片であるのような名前で呼ぶこと自体おかしい。
「小瓦礫」と「燃料の隙間に挟まってる破片(床狭隘部残留小瓦礫)」
の線引きの仕方がおかしい。
未だに、残り550体が覆い隠されたままの状態なのに、
(公開されたのはクレーンとハッチ蓋を撤去して偶然,姿を現した10~20体のみ)、
国民には目視確認できてるかのように勘違いさせるために、
彼らは無謀なことをしてるのです。
プール全体を覆い隠している物を「燃料の隙間に挟まってる破片」
と呼ぶ無謀なことを。

■私達のすべきことは、
東電にプール内の全景画像を公開させること、その一点です。
それにより、まず、
瓦礫をわざと撤去しないようにして目視確認を妨害し続けていることがバレる。
それがバレたら、私達は武力行使してでも瓦礫を撤去させないといけない。
瓦礫の撤去に成功したら、
移住させずに住まわせ続けたら200km圏内の数百万人が肺癌になって死ぬかどうか
一目瞭然です。
まず、瓦礫をわざと撤去しないようにして目視確認を妨害し続けていることを
明るみにだそうではないですか!

●なお、目視して飛散済だとわかり隠してる、ということは無いと思う理由は、
もしそうだと、作業員達が、飛散済を目撃するわけですから、
自分が10年後に肺癌を発症して死ぬ身体にされたことを悟り、
黙っていないからです。
毎晩、家で寝るときは防護服を着ていないのですから、
プルトニウムを毎晩吸い込み続けて肺に溜まり続けてる。
200km圏内に家族も住んでいたら、家族もそうなる。
自分や自分の家族をそんな身体にされて黙ってるわけがない。
口封じのために作業員達全員を殺したとしても、
殺人を依頼される人も200km圏内に住んでいる人だろうから、
今度はその人が黙っていない。
つまり、プルトニウムによる肺癌が出る範囲が、
あまりにも広大であるために口封じができないのです。
今、作業員達が騒ぎ出していないところを見ると、
作業員達も目視確認できない状態のままだから、と考えられます。

http://fukushimadisasterfact.1apps.com/
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28190318

投稿: 命を大切に思う者 | 2016年10月30日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/68144753

この記事へのトラックバック一覧です: 3年前の写真に図面を張りつけただけの東電福島第一原発の最新画像 本当に作業が完了したのなら写真は撮れるはずです:

« 東電は3年以上、3号機のカラー写真を公表していない! 撮影するのは簡単です | トップページ | さようなら、アトム 米フォートカルホーン原発永久閉鎖 運転43年 廃炉60年 ウランと人類の103年 »