« 英国ついに脱原発へ 中国「原発スパイ」事件と、北朝鮮、中国が攻撃してきても日本を助けない「大統領」ヒラリー・クリントン | トップページ | 「逮捕される人にそれを知らせることはできない」東京新聞記者「第二の古里を返して」双葉町からの避難者 脱原発テント撤去とマスコミ »

2016年9月 1日 (木)

脱原発テント撤去 記者は日時を知っていた なぜ、市民に知らせなかったのか? 東京新聞の回答

 東京新聞読者部 エノモト部長

 
「詳しいことは、ひととおり記事に書いたつもりでいるんですけど、記事に掲載したこと以外のですね。取材の経過ということについては、お答えができないんですよ。記事に書いたことがすべて」
 
 これが、「表向き」脱原発新聞の正体。
 
 最初に電話に出た社会部の女性はこんな言い方もしました。
 
「たとえば……たとえばですけど、逮捕する方、逮捕、誰からされる、とわかっているとき。逮捕者にそれを知らせるか、というと、それはできない」
 
<権力>←監視←<マスメディア⇔情報⇔市民>
 
 この構図は安倍独裁のこの国にはすでにありません。
 
<権力⇔情報⇔マスメディア>×情報遮断×<市民>
 
 ジャーナリスト自身がこの惨状を黙認し、放置しています。
 
 脱原発テントの図式はこれだったと思います↓
 
<権力⇔情報⇔マスメディア>×情報遮断×<市民⇔情報⇔テント(公共の言論広場)>
 
 私たちひとりひとりが「テント」です。
 
「テント」(公共の言論広場)をどんどん広げていきましょう!
 
Photo_2
 
東京新聞のカメラマンが8月21日午前3時51分に撮影した写真

|

« 英国ついに脱原発へ 中国「原発スパイ」事件と、北朝鮮、中国が攻撃してきても日本を助けない「大統領」ヒラリー・クリントン | トップページ | 「逮捕される人にそれを知らせることはできない」東京新聞記者「第二の古里を返して」双葉町からの避難者 脱原発テント撤去とマスコミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/67289426

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発テント撤去 記者は日時を知っていた なぜ、市民に知らせなかったのか? 東京新聞の回答:

« 英国ついに脱原発へ 中国「原発スパイ」事件と、北朝鮮、中国が攻撃してきても日本を助けない「大統領」ヒラリー・クリントン | トップページ | 「逮捕される人にそれを知らせることはできない」東京新聞記者「第二の古里を返して」双葉町からの避難者 脱原発テント撤去とマスコミ »