« 雨の東電福島第一原発 汚染地下水バキュームカー汲み取り作戦失敗 一方、K排水路がさらなる暴走 | トップページ | 中田潤(イルボーン ILL BONE)ソロ・ライブでございます 10月16日(日曜日)19:30~新宿ソウルキッチン \1500+ドリンク »

2016年9月25日 (日)

「3・11」直後「日米調整会議」日本代表、細野豪志の闇 朝日新聞の取材を拒否 米国訪問は「オフレコ」 そして、大飯原発再稼動へ

 菅直人は、まったく役に立たなかった自衛隊ヘリからの冷却水投下、というプロパガンダ、パフォーマンスをやって、直後にオバマと電話会談を行った。

 日米同盟の危機はこうして回避された……ということに表向きなっているが……。

<……翌十七日の午前一〇時二二分から始まった菅首相とオバマ大統領との電話会談では、オバマ大統領が「東京エリアに居住する米国民は同エリアから出るように促す予定である」と切り出した。>(木村英昭『官邸の一00時間』岩波書店)

 実際はまったく逆だった。

<菅首相とオバマ大統領の電話会談が約30分にわたって行われ、大統領からは日本にいる米国民に対して避難勧告を出す予定であるとの発言があった。>(福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書)

 自衛官による決死の作戦は逆効果だったのだ。

 ユーチューブには、米兵の家族が厳重な放射能検査を経て、厚木基地から飛び立つ動画が投稿されている(日付は3月21日)。

 米政府による「在日米国人全員退避」の方針は揺るがず、日米同盟は終わった。いや、正確には「独立した民主国家」同士が結んだ同盟が崩壊した。

 

 同盟崩壊後に始まった「日米調整会議」とはなんだったのか?

 いったい何が話し合われたのか?

 政府事故調HPにある資料は、ほぼ黒塗り。米国側の出席者は姓名すら黒塗り。13名の出席者が記されているが、名前がわかるのは「Kurt Tong 」(現在の香港・マカオ総領事。当時は外交官として東京にいた)「Rob Luke」(公使)の2名のみ。読めるのは会議に先立って行われた「日本側調整会議概要」だけで「米国の会合」はすべて真っ黒に塗りつぶされている。

 360度どこから見ても完全な秘密会議。「日本人には知らせていけないこと」が話し合われた。

 日本側の出席者。

<細野総理補佐官、福山官房副長官、長島衆議院議員>

 これも奇妙だ。一介の総理補佐官が副長官の前に記されている。

 トップの福山哲郎は実はお飾りで、本当の「日本代表」は細野だったということだろう。

 米国側が「ホソノ・プロセス」と呼んだ日米調整会議を、細野はブログで自画自賛している。

<会館の事務所には、国務省の関係者が持ってきてくれた「ホソノ・プロセス」のパネルがあります。あの時、私は日米同盟の厳しさとありがたさを痛感しました。>

<あのプロセスがなければ、米国、そして世界に更に大きな不信感を与えることになったと思います。>(2013年4月10日)

 パネルは二枚ある。

「プレ・ホソノ・プロセス」と題された一枚は、米国側が個々に情報を収集しようとして線がぐちゃぐちゃになった情報系統図。

Photo

「ホソノ・プロセス」と題されたもう一枚は、「米国チーム」と「KANTEI」が一本の直線で結ばれている。

Photo_2

 なぜ、細野豪志は米国側から絶賛されたのか?

 なぜ、原発は再稼動されたのか?

 

 東電本店で行われた記者会見で私は何度も聞いてきた。

「情報は包み隠さず皆様にお知らせする」(細野豪志)

 どの口で言っているのか?

 細野は、朝日新聞連載「プロメテウスの罠」の取材を拒否した。

<取材に応じなかった者もいる。当時首相補佐官だった細野豪志氏もその一人だ。文書や電話で何度か申し込んだが、梨の礫だった。>(木村英明『官邸の100時間』岩波書店)

『官邸の100時間』は「プロメテウスの罠」を元に書き上げられた。著者の木村は「吉田調書誤報事件」で消された朝日新聞記者である。

 細野は政府事故調の聴取には応じているが、「ここからはオフレコで」と何度もICレコーダーを止めさせている。事故調が細野の米国訪問(2011年6月)について聞くと、

<2つ意味があって、英米仏に行ったのは、この3か国はいろんな技術協力をしてくれたので、そこに対するお礼と、あとは、これはちょっと国益上余り記録に残したくないので。

○質問者 ちょっと止めてください。>(2011年12月14日聴取)

 話が太平洋を越えると文書もインタビューも黒塗りとなる。

|

« 雨の東電福島第一原発 汚染地下水バキュームカー汲み取り作戦失敗 一方、K排水路がさらなる暴走 | トップページ | 中田潤(イルボーン ILL BONE)ソロ・ライブでございます 10月16日(日曜日)19:30~新宿ソウルキッチン \1500+ドリンク »

コメント

I was looking through some of your blog posts on this internet site and I conceive this web site is rattling informative ! Keep on posting . ekdddfkaccka

投稿: Johne837 | 2016年9月27日 (火) 16時37分

Hello!

投稿: Pharme257 | 2016年9月28日 (水) 07時17分

Hello!

投稿: Pharmd668 | 2016年9月29日 (木) 13時31分

Hello!

投稿: Pharma603 | 2016年10月 2日 (日) 02時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/67658895

この記事へのトラックバック一覧です: 「3・11」直後「日米調整会議」日本代表、細野豪志の闇 朝日新聞の取材を拒否 米国訪問は「オフレコ」 そして、大飯原発再稼動へ:

« 雨の東電福島第一原発 汚染地下水バキュームカー汲み取り作戦失敗 一方、K排水路がさらなる暴走 | トップページ | 中田潤(イルボーン ILL BONE)ソロ・ライブでございます 10月16日(日曜日)19:30~新宿ソウルキッチン \1500+ドリンク »