« 菅直人「撤退はありえない」勝俣恒久「子会社にやらせる」バラク・オバマ「米国人は日本から全員退避」 | トップページ | 新聞記者は読者の命をどう考えているのか!? 「強調しておきたい」「住民にはまったく健康被害がない」斗ヶ沢秀俊・毎日新聞編集委員 2011年3月14日 »

2016年9月 7日 (水)

三反園知事の原発停止要請を蹴った九州電力 川内原発再稼動はお金を借りるため? 再稼動後20年社債を連発

 川内原発が再稼動して1年になります。

 三反園鹿児島県知事が誕生。
 
 8月26日。新知事が九州電力に原発停止を要請。
 
 9月5日。九州電力が要請を拒否。
 
 三反園「極めて遺憾である」
 
 9月7日。知事が福岡の九州電力本社に乗り込み再び要請。
 
 三反園「ご英断を」
 
 なぜ、大地震が起きた地で原発を動かすのでしょうか?
 
 お金の流れをみていきましょう。
 
「3・11」後、原発を抱える電力会社は社債が発行できなくなりました。
 
 最大のプレイヤーがいなくなり、債券市場はぶっ壊れました。
 
 2012年7月。大飯原発再稼動。
 
 関西電力の史上最大額1000億円をはじめ、電力各社が競い合うように社債を発行。
 
「電力債ラッシュ」となりました。
 
 2012年8月。九州電力が500億円の社債を発行。
 
 メガバンク、生保など機関投資家から大金を借りました。
 
 諸悪の根源は、
 
「危険な原発が動いたから電力債は魅力的な金融商品となった」
 
 そう考えるやつら。人の命を気にもかけない「リスク知らズ」どもです。
 
 こいつら「人の命よりもバランスシート」なんでしょう。
 
 原発が動いて、大金を手に入れた九州電力ですが……。
 
 しかし、これは「5年債」。
 
 5年後にお金を返さなければならない「足の速い借金」です。
 
 その後も九州電力は「3年債」を連発。
 
 こういう状態を「自転車操業」と呼びませんか?
 
 やっと「10年債」が発行できたのは2013年11月。
 
 川内原発再稼動前1年と再稼動後1年の社債発行額グラフ↓
 
Photo_2
 
 原発再稼動は電力会社が「お金を借りるため」のものなんですね。
 
 今年に入って、九州電力はすごい勢いでお金を借りまくっています。
 
 4月。原発事故後初の「20年債」200億円と6年債200億円を同時発行。
 
 6月。20年債100億円、10年債100億円、3年債100億円を発行。
 
 原発再稼動とは何か?
 
 逆に言えばこうなります。
 
 こんな風にお金が回り出したら、原発は止まります。
 
 現に黒字になった関西電力の大飯原発は、動く気配すらありませんよね。
 
 抗議すべき場所はメガバンクです。
 
 メガバンクからお金を一斉に下ろすデモ「バンク・トランスファー・デイ」をやりましょう!

|

« 菅直人「撤退はありえない」勝俣恒久「子会社にやらせる」バラク・オバマ「米国人は日本から全員退避」 | トップページ | 新聞記者は読者の命をどう考えているのか!? 「強調しておきたい」「住民にはまったく健康被害がない」斗ヶ沢秀俊・毎日新聞編集委員 2011年3月14日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/67387144

この記事へのトラックバック一覧です: 三反園知事の原発停止要請を蹴った九州電力 川内原発再稼動はお金を借りるため? 再稼動後20年社債を連発:

« 菅直人「撤退はありえない」勝俣恒久「子会社にやらせる」バラク・オバマ「米国人は日本から全員退避」 | トップページ | 新聞記者は読者の命をどう考えているのか!? 「強調しておきたい」「住民にはまったく健康被害がない」斗ヶ沢秀俊・毎日新聞編集委員 2011年3月14日 »