« 原子力災害が起きるとマスコミが真っ先に逃げる<一番悩んだのは、中継車を撤収する光景を見て、地域の住民がどういう感じがするか、だった>(日テレ報道局次長) | トップページ | 「3・11」直後「今の原稿使っちゃいけない」NHKのウソ「電池が8時間、炉心を冷却」「水位は燃料+1m」保安院のウソ 甲状腺がんの子どもに謝罪なし »

2016年9月18日 (日)

「3・11」当日、菅直人は1号機メルトダウンを知っていた!?「1700mm燃料露出」衝撃の平岡英治・保安院次長証言「11日のことはあまり記憶がない」枝野幸男

 2011年3月11日午後8時ごろ。首相官邸5階で住民避難についての会議が行われた。

 出席していた平岡英治は、政府事故調の聴取で驚くべきことを語っていた。

http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai_3/134_koukai.pdf

<いつの話であったか正確な記憶はないが、相当早い段階で、東電から原子炉水位がTAF(有効燃料頂部)からマイナス1700mmという情報がもたらされ、官邸5階においては、この情報が正しいかは確かめようがないが><もし正しければ炉心の一部が露出しており、燃料損傷までに要する時間はそれほど長くないであろうとの議論が行われていた。>(2011年8月26日)

 もし、これが事実なら、菅直人は5年以上、ウソをつき続けたことになる。

<しかし当時総理の私に届いていた報告記録を見てもそうした記述は見当たらない。逆に当日22:00には1号機はTAF+550mmという連絡が東電から来ていた。>(菅直人HP 2016年4月6日)

 菅は安心しきっていた?

 この会議を仕切っていたのは、枝野幸男官房長官(当時)だが……。

 この会議が始まった頃、テレビは枝野の談話を伝えていた。

「福島第一原発をめぐる原子力緊急事態宣言について、対象区域内の居住者らは現時点で特別な行動を起こす必要はない」

 1号機の二重扉付近にさしかかった作業員の線量計の針が振り切れたのも、ちょうどその頃だった。

 さらに奇妙なのは、政府事故調による枝野幸男聴取記録だ(2012年3月15日)。

http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/641_koukai.pdf

 枝野はこう切り出す。

<まず、私は余り記憶力がよくないので正直に言って詳細な時刻あるいは順番とかも、余り自信がないところがたくさんあります。>

Photo

 事故調がイの一番で聞きたかったのは「原子力緊急事態宣言発出の経緯」だったのだが……。

<まず初日で、原子力緊急事態宣言の発出ということで質問事項をいただいているんですが、私自身が原発の方がメインだなと思ったこと自体、あえて言えば、12日の未明でベントができていないというのでたたき起こされたときかなと思っていまして>

 原発事故は二の次だった!?

<実は11日の原子力緊急事態宣言の発出のプロセスとかということの記憶は余りありません。>

 記憶がない、だと!?

<勿論出していることはわかっていますし、全閣僚に準ずるぐらいのメンバーで原災本部を開催した記憶はありますが、当時そこに余りコミットしていた記憶は余りありません。>

 わたくし、枝野は関係ない!?

<むしろ初日は、例えば16時台とか、私は帰宅難民対策をやっていました。むしろ地下の危機管理センターで国土交通省にどうなっているんだとどなっていました。いつになったら鉄道が動くのか、動かないのか、情報を早く集めろと言ってやっていました>

 原発事故より山手線が心配!?

 これを読んで「枝野は正直に話している」と思う国民がどこにいる!?

「3・11」当日の枝野「劇場」。

20:01「福島第一原発をめぐる原子力緊急事態宣言について、対象区域内の居住者らは現時点で特別な行動を起こす必要はない」

21:23「福島第一原発から半径3キロ以内の住民は避難してください」

21:51「今の時点では、環境に危険は発生しておりません」

「不確実な噂などに惑わされることなく、確実な情報だけに従って行動するようお願いをいたします」

 当然、記者からは不満の声が上がる。

「さっきは『逃げなくていい』って言ってたじゃないか?」

「常にこういった場合には、一番悪いケースを想定して準備をすべきであると考えております」

「放射能が漏れる可能性があるってことだろ?」

「常にこういった場合には、一番悪いケースを想定して準備をすべきであると考えております」

|

« 原子力災害が起きるとマスコミが真っ先に逃げる<一番悩んだのは、中継車を撤収する光景を見て、地域の住民がどういう感じがするか、だった>(日テレ報道局次長) | トップページ | 「3・11」直後「今の原稿使っちゃいけない」NHKのウソ「電池が8時間、炉心を冷却」「水位は燃料+1m」保安院のウソ 甲状腺がんの子どもに謝罪なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/67543752

この記事へのトラックバック一覧です: 「3・11」当日、菅直人は1号機メルトダウンを知っていた!?「1700mm燃料露出」衝撃の平岡英治・保安院次長証言「11日のことはあまり記憶がない」枝野幸男:

« 原子力災害が起きるとマスコミが真っ先に逃げる<一番悩んだのは、中継車を撤収する光景を見て、地域の住民がどういう感じがするか、だった>(日テレ報道局次長) | トップページ | 「3・11」直後「今の原稿使っちゃいけない」NHKのウソ「電池が8時間、炉心を冷却」「水位は燃料+1m」保安院のウソ 甲状腺がんの子どもに謝罪なし »