« 追悼! 大橋巨泉さん 競馬界の巨星おちる 田原成貴騎手との会話 | トップページ | NHKスペシャル「ロッキード事件」中曽根康弘、田中真紀子を取材していないのでお話にならない 原発もパレスチナも出てこない »

2016年7月23日 (土)

ドナルド・トランプ「グローバリズムをぶっとばせ!」演説と日本の水道民営化 都知事選は「命の水を守る」闘い

「我々は米国を最優先する。グローバリズムでなく、アメリカニズム(米国主義)が信条になる」

 ドナルド・トランプ 指名受諾演説 2016年7月21日

 

 トランプは、TPPについてこう語っている。

「米国の製造業が破壊されるのみならず、米国が外国政府の支配下に置かれる」

「米国の労働者を傷つけ、自由と独立を脅かす、いかなる貿易協定にも署名しないと宣誓する」

 同じ頃、沖縄・高江では米軍基地建設をめぐり、住民と機動隊が激しく衝突した。

「我々は劣化した米軍を再建し、米国が防衛する国々に相応の負担を払うよう求める」(ドナルド・トランプ)

 トランプは「駐留経費を日本側が全額負担しなければ在日米軍を撤退させる」という方針を変えていない。

 

 時計の針を2001年まで戻してみよう。

 粉飾決算で破綻したエンロン代表からアメリカ通商代表部に転進したロバート・ゼーリックは「9・11」についてこう語っている。

「テロリストたちはアメリカが世界の王者だという考え方が大嫌いだ」

「国際金融を、グローバリゼーションを、そしてアメリカを、暴力的な手段で攻撃する者のあいだには精神的なつながりがあると人々が思うのももっともだ」

 自由貿易を支持しないドナルド・トランプは「アルカイダと同様のテロリストだ」と当時の共和党政権は考えていたことになる。

 エンロンはアルゼンチンの水道民営化に失敗して破綻した。

 当時の共和党政権が画策していたこと。

「各独立国家の議会が決定した規制事項に対して拒否権を持つ国際機関を作る」

 各国の法律よりも米国が決めた経済政策が上位だ、ということだ。

 ジャーナリスト、グレッグ・パラストが入手した「極秘」と記されたメモには次のような記述があった。

<「貿易の拡大の促進」と「政府の規制権の保護」という「根本的に相容れないふたつの優先事項」のバランスを侵害する国を、どう罰すべきか>(『金で買えるアメリカ民主主義』角川書店)

 米国の世界支配計画に呼応して登場したのが「郵政民営化」を叫ぶ小泉純一郎首相と竹中平蔵・経済財政政策担当大臣だった。

 小泉が真っ先にやったことは何か?

 2001年4月24日。小泉純一郎が首相の椅子に座った。

 同年7月4日。水道法改正。

<浄水場の運転管理や水質管理等、高い技術力を要する業務を他の水道事業者又は当該事業を実施できる経理的、技術的基礎を有する者に委託できる。>(24条の3)

 小泉に課せられたミッションは、水道を外国企業に売ることだった。

 糾弾されるべきは当時の野党だ。前年に起きた「ボリビア水戦争」を野党議員が知っていたら、国会は大紛糾したはずなのだ。

「マスコミが報道しないので知りませんでした」

 この言い訳は「なし」でしょ?

 日本の水道民営化が遅々として進まないので、米国支配層は、「政治家」橋下徹をでっち上げた。

http://keibadameningen.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-c20c.html

「大阪市の水道事業の民営化を目指す」(橋下徹 2012年3月9日)

 2012年12月16日。不正選挙。

 2013年4月。ゾンビのごとくよみがえった竹中平蔵は、内閣府産業競争力会議において安倍政権の「成長戦略」に水道民営化を無理やり押し込んだ。

 2014年1月。東京都知事候補、増田寛也が産業競争力会議に参加した。

Photo

 グローバリゼーションは崩壊しつつある。

 東京都知事選は「命の水を守る闘い」である。

|

« 追悼! 大橋巨泉さん 競馬界の巨星おちる 田原成貴騎手との会話 | トップページ | NHKスペシャル「ロッキード事件」中曽根康弘、田中真紀子を取材していないのでお話にならない 原発もパレスチナも出てこない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/66649901

この記事へのトラックバック一覧です: ドナルド・トランプ「グローバリズムをぶっとばせ!」演説と日本の水道民営化 都知事選は「命の水を守る」闘い:

« 追悼! 大橋巨泉さん 競馬界の巨星おちる 田原成貴騎手との会話 | トップページ | NHKスペシャル「ロッキード事件」中曽根康弘、田中真紀子を取材していないのでお話にならない 原発もパレスチナも出てこない »