« ブルガリアの原発計画中止 ロシアのプーチン大統領大ショック ロシアを含め、どの国も原発輸出はもうできない! | トップページ | 選挙立会人は比例票を数えていない「パラパラパラと見たりしてますね」(豊島区選管)安倍一味はそこに着目し、不正選挙が行われた »

2016年6月22日 (水)

日立製作所の米原発建設計画が消えた!ルイジアナ州リバーベンド原発COL申請取り下げ

「『原子力ルネサンス』というものは(福島の)事故の前からそもそも存在していなかった」

ゼネラル・エレクトリックCEO ジェフリー・イメルト 2012年3月

 

 6月21日。日立製作所の米原発輸出計画が消滅した。

 米原子力規制委員会(NRC)は、ルイジアナ州リバーベンド原発3号機の建設・運転一括認可(COL)申請の取り下げを承認した。

Photo_2

 原発を所有するエンタジー社は、2009年1月、以下の声明を発表していた。

「エンジニアリング、資材調達、建設(EPC)契約でGE日立と折り合わなかった」

 2015年9月。ミシシッピー州グランドガルフ原発COL申請取り下げ。

 今回の決定で「3・11」後に申請されたCOL、18件、28基のうち、6件、7基が消えた。

 COL審査中のGE日立製原発はノースアナ原発3号機のみとなったが、同原発はバージニア州法務局から「計画を放棄せよ」と勧告されている。

 2015年8月。バラク・オバマ政権は「クリーン・パワー・プラン」を発表。各州にCO2を削減する電源構成を調査させたが、バージニア州が下した結論は「原発に対する死刑宣告」だった。

「ノースアナ原発の建設費は19億3000万ドル。稼動後は電気料金が25%上昇する」

「天然ガスや太陽光発電など再生可能エネルギーによる発電コストをはるかに上回る」

 

 米国への原発輸出ができないことは、GE日立のボスによって予言されていた。

 2012年3月。エネルギー業界最大の会議「CERAウイーク」の演壇に上がったGEのジェフリー・イメルトCEOはこう語っている

「『原子力ルネサンス』というものは(福島の)事故の前からそもそも存在していなかった」

 英国フィナンシャル・タイムズのインタビューではさらに突っ込んだ発言をした。

「(原発を経済的に)正当化するのは非常にむずかしい」

<イメルト氏が世界のエネルギー情勢を展望した上で強調したのは米国でのシェールガス革命、日本における福島原発のメルトダウン(炉心溶融)、再生可能エネルギーの価格下落――の3点。具体的には、天然ガスはシェールガス革命で10年来の安値水準で推移しており、原発産業は「福島」後の追加コストと不確実性に直面、そして太陽光パネルは過去3年間で75%値下がりした結果、数カ国で小売り電力として価格競争力を持ちつつあるとFTの記事は言及している。>(日本経済新聞電子版 2012年8月7日)

 世界最大のコングロマリットであるGEの売上のうち、原子力事業は1%にも満たない。

 東電福島第一原発4号機建設のノウハウを授けた「師匠」GEの脱原発宣言に対し、日立製作所は沈黙したままだ。

 

 安倍晋三よ!

 日立製作所よ!

 原発輸出はできない。

|

« ブルガリアの原発計画中止 ロシアのプーチン大統領大ショック ロシアを含め、どの国も原発輸出はもうできない! | トップページ | 選挙立会人は比例票を数えていない「パラパラパラと見たりしてますね」(豊島区選管)安倍一味はそこに着目し、不正選挙が行われた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/66158272

この記事へのトラックバック一覧です: 日立製作所の米原発建設計画が消えた!ルイジアナ州リバーベンド原発COL申請取り下げ:

« ブルガリアの原発計画中止 ロシアのプーチン大統領大ショック ロシアを含め、どの国も原発輸出はもうできない! | トップページ | 選挙立会人は比例票を数えていない「パラパラパラと見たりしてますね」(豊島区選管)安倍一味はそこに着目し、不正選挙が行われた »