« 城南信用金庫・城南総合研究所「緊急提言」の衝撃「国民の大切な年金資産が瞬時にして30兆円以上も消滅した」 | トップページ | フランスで運転中の原発18基 蒸気発生器に欠陥の可能性発覚 全原発の3割以上 アレバ製だけではなく日本鋳鍛鋼社製も調査中 »

2016年6月26日 (日)

ダボス会議基調演説「年金130兆円円を差し出します」安倍晋三 私たちの年金を1%富裕層が盗み、タックスヘイブンに送られた?

「日本の資産運用も、大きく変わるでしょう。1兆2000億ドルの運用資産をもつGPIFについては、そのポートフォリオの見直しを始め、フォーワード・ルッキングな改革を行います。成長への投資に、貢献することとなるでしょう」

 安倍晋三 ダボス会議基調演説「新しい日本から、新しいビジョン」 2014年1月。安倍晋三は、日本の首相としては史上初めてダボス会議で基調演説を行った。

 安倍がノリノリだったのは、スイスの雪深い山の中で行われるダボス会議には、自分に反対する政治家もジャーナリストもいないからだ。

「世界経済フォーラム(ダボス会議)」の会員は、世界各国のトップ企業1000社。最高意志決定機関はコフィー・アナン元国連事務総長やクリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事、ヨルダンのラニア王妃ら24名で構成されるファンデーション・ボード。

 安倍が「出たい」と言っても彼らから招待されないと出入り禁止。参加する約500人のジャーナリストも「取材申請」ではなく「招待」で選別されたメディア・エリートだ。

 安倍の基調演説は、1%の富裕層に向けられたセールストークに他ならない。

 安倍が繰り返したのは以下の台詞だ。

「日本では、久しく『不可能だ!』と言われてきたことです」

 要は「俺は不可能を可能にする男」という自慢話。電力自由化をやったぞ。人間の細胞を民間の工場で作ったぞ(???)。コメの減反政策をやめたぞ(だから何?)。

 でもね、スティングリー・リッチ(匂うほどの金持ち)に自慢話だけやっても誰も聞かない。「儲け話」がなければ関心を引くことはない。

 そこで突如、持ち出されたのが世界最大の年金運用機関GPIFだった。

「日本人の年金130兆円を差し出します」

 私たちの年金が株の「バクチ場」にぶちまけられた。

 結果はどうなった?

 

 投資家のジム・ロジャースは、安倍晋三についてこう語っている。

<安倍晋三首相は最後に放った矢が自分の背中に突き刺さって命取りとなり、日本を破綻させた人物として歴史に名を残すことになるでしょう。>(『プレジデント』オンライン 2015年2月5日)

 ロジャースの投資行動こそ、「アベノミクスの生涯」誕生から死までの物語だ。

「3・11」直後、暴落した日本株をロジャースは買った。

つづきはメルマガで

Photo_2

|

« 城南信用金庫・城南総合研究所「緊急提言」の衝撃「国民の大切な年金資産が瞬時にして30兆円以上も消滅した」 | トップページ | フランスで運転中の原発18基 蒸気発生器に欠陥の可能性発覚 全原発の3割以上 アレバ製だけではなく日本鋳鍛鋼社製も調査中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/66222366

この記事へのトラックバック一覧です: ダボス会議基調演説「年金130兆円円を差し出します」安倍晋三 私たちの年金を1%富裕層が盗み、タックスヘイブンに送られた?:

« 城南信用金庫・城南総合研究所「緊急提言」の衝撃「国民の大切な年金資産が瞬時にして30兆円以上も消滅した」 | トップページ | フランスで運転中の原発18基 蒸気発生器に欠陥の可能性発覚 全原発の3割以上 アレバ製だけではなく日本鋳鍛鋼社製も調査中 »