« 東芝・ウェスチングハウスと愉快な仲間たち カーチス・ライト社「失敗」「墜落」「米軍不採用」「生産中止」飛行機珍百景 | トップページ | 東芝は原発を輸出できない!中国「コピー原発」との圧倒的なコスト差!昌江原発の工期は6年 AP1000は7年が過ぎ未だ建設中 »

2016年5月15日 (日)

「中国原発の損失を認識しろ!」東芝の渡辺幸一財務部長はBIG4会計事務所KPMGから吊るし上げをくらっていた!!

 中国で建設中の三門・海陽原発4基は、深い闇に包まれた「ゲゲゲの原発」だ。

 ジャーナリストの川端寛が入手したメールにはこうある。

<先ほど、AP1000のプロジェクト管理を二年以上請け負っているKPMGから、中国・USのAPプロジェクトは大きな問題を抱えており、ロスコントラストにすべきと進言を請けてしまいました。>(『文藝春秋』2016年4月号)

 日付は2013年10月2日。

 メールを書いたのは、東芝の渡辺幸一財務部長。メールを受け取ったのは電力カンパニーのT社長。

 注目してほしいのは、「US・中国」ではなく、「中国・USのAP1000プロジェクト」で書かれていることだ。米国の原発4基は、わかっているだけで26億ドルもの損失を原発所有企業に与えているが、このメールは、「中国の4基はもっと深刻な事態になっている」ことを示唆している。

 KPMGは、オランダに本拠を置く会計事務所。世界4大会計事務所BIG4のひとつだ。

「ロスコントラスト」は、おそらく、「ロスコントラクト」を誤記したもの。

 ロスコントラククトは、「失注」。

 2012年末。三門・海陽原発に8機の冷却材ポンプが設置された。

 ところが、2013年1月。海陽原発で冷却材ポンプのテストが行われ、「羽根車が脱落」という初歩的な欠陥が発覚した。冷却材ポンプは、米国カーチス・ライト社に返品され、原発建設工事は4基すべてで止まった。

 渡辺部長のメールは、テストの9ヵ月後に書かれたものだ。

 東芝は中国企業に約束していた。

「2013年11月に三門原発1号機の商業運転を開始します」

 タイムリミットの1ヶ月前に、このメールが発信された。

<その後、ファイナンススタッフに囲まれ、2Qで追加のコストを認識すべきと進言を受けてしまいました。>

 このメールは、「東芝が中国の原発で巨額の損失を出した」ことを証明している。

 未だ闇に包まれているのは「追加のコスト」の具体的な金額だ。

 

 東芝の渡辺幸一財務部長は、2015年9月の記者会見に突如現れ、とんでもないウソをがんがん吐き散らし、その後、表舞台から消えた幽霊のようなやつである。

「2015年度の業績予想も未だ開示できず、社会的責任を痛切に感じております」

 室町正志社長がマイクを置くと、渡辺の独壇場となった。

「2014年度決算は、もろもろございましたが、実質的な営業損益は増益であります」

Photo

「原子力事業の2014年度の売上高は6200億円で前年度比10%増。STPの減損なかりせば、増益です」

 この男もまた、地球ではない他の惑星に住んでいる。

「中国原発の損失を認識せよ!」

 BIG4会計事務所から吊るし上げをくらったのは2年前だ。

 にもかかわらず、渡辺は、「原子力事業の損失はサウス・テキサス・プロジェクトの410億円だけだ」と言い張った。

 この大ウソつきが、未だ東芝財務部長の椅子に座っているのだ。

 何が問題か、誰の目からも明らかだ。

 最大の爆弾は隠されている。

 中国「ゲゲゲの原発」爆弾が炸裂するとき、東芝はどうなる!?

|

« 東芝・ウェスチングハウスと愉快な仲間たち カーチス・ライト社「失敗」「墜落」「米軍不採用」「生産中止」飛行機珍百景 | トップページ | 東芝は原発を輸出できない!中国「コピー原発」との圧倒的なコスト差!昌江原発の工期は6年 AP1000は7年が過ぎ未だ建設中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/65500172

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国原発の損失を認識しろ!」東芝の渡辺幸一財務部長はBIG4会計事務所KPMGから吊るし上げをくらっていた!!:

« 東芝・ウェスチングハウスと愉快な仲間たち カーチス・ライト社「失敗」「墜落」「米軍不採用」「生産中止」飛行機珍百景 | トップページ | 東芝は原発を輸出できない!中国「コピー原発」との圧倒的なコスト差!昌江原発の工期は6年 AP1000は7年が過ぎ未だ建設中 »