« 志賀重範・東芝会長の犯罪その1 風説の流布「今後、世界的に原子炉がどんどん建っていく」ウソをついて株を売ってはならない | トップページ | NHKマイルカップで固い握手 »

2016年5月 8日 (日)

志賀重範・東芝会長の犯罪その2 米国原発4基建設の損失26億ドルの隠蔽

 米国原子力規制委員会(NRC)がジョージア州のボーグル原発建設を認可したのは2012年2月。

<米国で34年ぶりに原発建設へ、東芝子会社の原子炉採用>(ロイター 2012年2月10日)

 東電福島第一原発事故で意気消沈していた「原子力ムラ」は狂喜乱舞した。

 そのわずか1ヵ月後……。

 2012年3月末。WECに激震が走った。

 4月1日付で社長に就任するはずだったジム・ファーランド米州地域総責任者が辞表を叩きつけたのだ。社長就任の前日に、突如、逃げ出した。

 4月4日。ファーランドは、東芝のライバル企業、バブコック&ウイルコックス(B&W)のCEOに就任した(B&Wはスリーマイル島原発2号機を建設した会社で東芝とは「メルトダウン仲間」でもある)。

 ファーランドの逃走劇は「WECは終わっている」ことを全世界に示した。

 原発黎明期、B&Wは米国を代表する原子力企業だった。しかし、2001年から始まる「原子力ルネサンス」の物語にB&Wの名前はほとんど登場しない。

「B&Wによる原発新設計画もあるはずだ」

 私は資料を探したが、一件もない。

 公式なコメントこそないが、B&Wも「脱原発」へと大きく舵を切っていたのだ。

 社長就任のドタキャン劇は、経営トップによる内部告発、警告ととることもできるだろう。

「ウェスチングハウスよ。もうウソをつくのはやめろ」

 大混乱のさなか、「暫定的に」WEC社長に就任したのが志賀重範現東芝常務だった。

Photo

 そのわずか2ヵ月後……。

「ボーグル原発の運転開始が遅れる」(原発を所有するサザン・カンパニーの四半期報告書)

 WECは、最初の基礎工事ができなかった!

 原発建設はベースマットという巨大な円形の鉄骨を岩盤の上に敷くことから始められるが、WHはインチキをしていた。

「ベースマットが許認可用件に適合していない」(NRC)

 NRCには、「じゃあ、なんで認可したの?」と言いたくなるが……。

 いきなりの工事遅延である。工事遅延=コスト超過。

 そのわずか1ヵ月後……。

「建設費用の当社負担が、2012年6月時点で2011年末から8000万ドル増え、約45億ドルになる」(サザン・カンパニーの四半期報告書)

 工事認可から半年もたたないうちに約98億4000万円の請求書をサザン・カンパニーに送ったのも志賀重範その人だった。

 

<米NRC:原子炉2基の建設を認可 スキャナが東芝製を採用>(ブルームバーグ 2012年3月31日)

 ボーグル原発に続きサウスカロライナ州バージル・C・サマー原発2・3号機の建設が認可された。

「次期社長が逃げた!?」

 WEC大混乱のさなかの朗報? WEC社員のなかで乾杯をした人はいただろうか?

 おいしい酒を飲んだ人がいたとしても、歓喜は長く続かなかったはず。

「ベースマットの設計から見直せ」(NRC)

 ボーグル原発とまったく同じ事態が起きたからだ。

 2015年3月12日。米電力会社スキャナの子会社サウスカロライナ・エレクトリック・アンド・ガス(SCE&G)は、建設作業と資本コストに関するスケジュールの改定を州の公益事業委員会に請願した。

<完成は18ヶ月遅れる。>

<当社の資本コスト増加額は6億9800万ドル。>

 SCE&Gの投資比率は55%。日本ではまったく報道されていないが、<12億ドルのコスト超過>のニュースは米国市場に衝撃を与えた。

 ボーグル原発 コスト超過 14億ドル

 バージル・C・サマー原発 コスト超過 12億ドル

 合計 26億ドル 約2956億円

 一体、何が問題なのか? 誰が悪いのか?

(つづく)

|

« 志賀重範・東芝会長の犯罪その1 風説の流布「今後、世界的に原子炉がどんどん建っていく」ウソをついて株を売ってはならない | トップページ | NHKマイルカップで固い握手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/65369310

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀重範・東芝会長の犯罪その2 米国原発4基建設の損失26億ドルの隠蔽:

« 志賀重範・東芝会長の犯罪その1 風説の流布「今後、世界的に原子炉がどんどん建っていく」ウソをついて株を売ってはならない | トップページ | NHKマイルカップで固い握手 »