« 天皇賞(春)で10万円!! | トップページ | 東芝「狂った原発投資」一覧 すべてが損失!正直に損失を計上したら東芝は秒殺される! »

2016年5月 2日 (月)

東芝「テキサス詐欺事件」の証拠文書<57億900万ドル→142億7200万ドル÷2=71億ドル 一基につき(秘密)>

 東芝はなぜ、「東芝の米国現地法人」東芝アメリカ社株で1000億円もの損失を計上しなければならないのか?

 2010年5月。ジャーナリスト、グレッグ・パラストの元に差出人の名前のない小包が届いた。パラストは小包を「放射能レンガ」と名づけた。

Photo_2

 その中に次のメモがあった。

Photo

<57億900万ドル→142億7200万ドル÷2=71億ドル 一基につき(秘密)>

 これこそ、東芝の「詐欺」を裏付ける決定的な証拠だ。

 子会社ウェスチングハウスではなく、東芝本体の原子力事業部がテキサスに建設しようとしていた沸騰水型サウス・テキサス・プロジェクト原発の建設費をめぐる詐欺事件である。

「原発一基を57億ドルで建設する」(東芝が米国連邦政府に提出した資料)

 メモを解読するのは簡単だ。

「米国政府には57億ドルだと言ったけど、本当は2基で143億ドルかかる。一基につき71億ドルだけど、これは秘密だよ」

 原発の原料は、鉄やコンクリートではなくウソだ。

 この詐欺は、国家ぐるみのものだったが、原発を所有するサンアントニオ市をカモにしようとして、東芝は失敗する。

 パラストに送られた「放射能レンガ」が、おそらく、サンアントニオ市会議員の手にも渡っていた。

(つづく)

|

« 天皇賞(春)で10万円!! | トップページ | 東芝「狂った原発投資」一覧 すべてが損失!正直に損失を計上したら東芝は秒殺される! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/65273666

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝「テキサス詐欺事件」の証拠文書<57億900万ドル→142億7200万ドル÷2=71億ドル 一基につき(秘密)>:

« 天皇賞(春)で10万円!! | トップページ | 東芝「狂った原発投資」一覧 すべてが損失!正直に損失を計上したら東芝は秒殺される! »