« ILL BONE ライブ 2016年5月18日 新宿ウルガ 19時~ | トップページ | 中国・三門「ゲゲゲの原発」動かしたらポンプの羽根車が取れた!?工事は3年の遅延!ああ、ウェスチングハウス新喜劇 »

2016年5月13日 (金)

決算書が触れない「最大の爆弾」STP原発と「東芝一人ぼっちの世界」東芝に裏切られ出て行った「アメリカの友人」たち

 東芝のウェスチングハウス買収額6400億円について、
 
 三菱重工首脳は吐き捨てた。
 
「狂気の計算だ」(日本経済新聞 2006年4月20日)
 
 世界最大のコングロマリット、米国有数の軍需企業でもあるゼネラル・エレクトリック(GE)首脳はこう述べている。
 
「東芝が何を考えているのか、さっぱりわからない」(日本経済新聞 2006年2月8日)
 
 GEと東芝は「師匠と弟子」の関係にあった。
 
 東電福島第一原発1号機 GEが建設
 
 2号機 GEと東芝が協業し建設
 
 3号機 史上初めて東芝が発電設備一式を納入した原発
 
 ウェスチングハウス買収は、弟子が反旗を掲げて師匠に挑みかかってきたことに他ならない。
 
 東芝は後ろから斬りかかってきた。
 
 GEを激怒させたことも史上最大の粉飾決算の原因のひとつだ。
 
 2013年から続く東芝と会計監査人との最大の対立はなんだったのか。
 
 2011年3月14日。東芝製原発が爆発。
 
 サウス・テキサス・プロジェクト(STP)原発を所有するNRGエナジーはすぐさま投資を打ち切り、損失を計上して逃げた。
 
Photo_4
 
STP原発の完成予想図
 
 NRGエナジーの実質的なオーナーは、オバマ政権の経済顧問、ウォーレン・バフェットである。
 
 STPは「主がいない原発」となったのだ。みなしご原発。
 
 外国企業が米国に原発を建設することは法律で禁止されている。
 
<「資金回収が可能というなら、新たな出資者が現れるという明確なエビデンス(根拠)が必要だ」
 
 あるときは東芝本社の一室、あるときは川崎の新拠点の一室で――。この1年間、あるプロジェクトをめぐって、東芝の担当者たちと居並ぶ会計士たちとの緊迫したやり取りが、水面下で何度も繰り返されてきた。>
 
<東芝は新日本(監査法人)と意見が対立。「現状では投資回収の見込みが低い」とし、減損処理を迫る新日本に対して、東芝は反論材料をかき集めて必死の抵抗を試みていた。>
 
<問題案件は出資と融資の累計で約600億円を投じた一大プロジェクト。>(『週刊ダイヤモンド』2014年4月23日)
 
 この記事から2年以上たつが「東芝を助ける米国人」は、一人も現れていない。
 
 現れないどころか、最後の頼みの綱だった「米国の友人」シカゴ・ブリッジ&アイアン(CB&I)が逃げ出した。契約解除。債権放棄。
 
 ボーグル原発、VCサマー原発の工事遅延でCB&Iに莫大な損害を与えたのだから、当然の報いだ。
 
 しかも、決算発表の前日に東芝は事実を公表せざるを得なかった。
 
 ところが……。
 
 決算書に「STP」の文字はない。米国原発について一言も触れられていない。
 
 東芝は「最大の爆弾」を隠している。この期に及んでもなお。
 
 以下のプレスリリースを書いたやつは、地球ではない別の惑星に住んでいる。
 
<STPの投資環境が改善することにより、今後、STPの建設工事への参画を望むエンジニアリング企業の参入も可能になります。>
 
 STPの投資環境が改善!?
 
 東芝はこう言っているのだ。
 
「仲間が出て行った。空っぽの椅子があるから、新しい仲間は座りやすいと思う」
 
 世界の孤児、東芝。寂寞。

|

« ILL BONE ライブ 2016年5月18日 新宿ウルガ 19時~ | トップページ | 中国・三門「ゲゲゲの原発」動かしたらポンプの羽根車が取れた!?工事は3年の遅延!ああ、ウェスチングハウス新喜劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/65464947

この記事へのトラックバック一覧です: 決算書が触れない「最大の爆弾」STP原発と「東芝一人ぼっちの世界」東芝に裏切られ出て行った「アメリカの友人」たち:

« ILL BONE ライブ 2016年5月18日 新宿ウルガ 19時~ | トップページ | 中国・三門「ゲゲゲの原発」動かしたらポンプの羽根車が取れた!?工事は3年の遅延!ああ、ウェスチングハウス新喜劇 »