« 「中国原発の損失を認識しろ!」東芝の渡辺幸一財務部長はBIG4会計事務所KPMGから吊るし上げをくらっていた!! | トップページ | 清原和博に求刑2年6ヶ月 覚醒剤使用を始めたのは「引退後です」 この言葉を信じたい 信じさせてくれ、と願う »

2016年5月16日 (月)

東芝は原発を輸出できない!中国「コピー原発」との圧倒的なコスト差!昌江原発の工期は6年 AP1000は7年が過ぎ未だ建設中

 中国原発4基で東芝製最新型原子炉の致命的欠陥が発覚。

 3年以上、工事が遅れた。

 この事実は何を意味しているのか?

 中国発の最新ニュースをご紹介しよう。

<中国:海南島で建設中の昌江2号機で燃料初装荷が開始>(原子力産業新聞 2016年5月12日)

Photo

 昌江原発2号機の着工は2010年11月。5年半で燃料装荷。

 昌江原発1号機はすでに商業運転を開始している。

<中国:2015年末から2016年初頭にかけて3基が営業運転開始、2基が正式着工>

<2010年から建設中の昌江原子力発電所><2015年12月26日に1号機が営業運転を開始した。>(原子力産業新聞 2016年1月6日)

 昌江原発1号機の着工は2010年4月。5年8ヶ月で運転開始。

「東芝製」三門原発1号機の着工は2009年4月。未だ建設中。

 中国が「国産」と主張する「コピー原発」に追い抜かれた!

 コストの差をみれば、誰だって納得するはず。

「東芝は原発を輸出できない」

 昌江原発2基の建設費は?

(つづきはメルマガで)

|

« 「中国原発の損失を認識しろ!」東芝の渡辺幸一財務部長はBIG4会計事務所KPMGから吊るし上げをくらっていた!! | トップページ | 清原和博に求刑2年6ヶ月 覚醒剤使用を始めたのは「引退後です」 この言葉を信じたい 信じさせてくれ、と願う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/65515851

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝は原発を輸出できない!中国「コピー原発」との圧倒的なコスト差!昌江原発の工期は6年 AP1000は7年が過ぎ未だ建設中:

« 「中国原発の損失を認識しろ!」東芝の渡辺幸一財務部長はBIG4会計事務所KPMGから吊るし上げをくらっていた!! | トップページ | 清原和博に求刑2年6ヶ月 覚醒剤使用を始めたのは「引退後です」 この言葉を信じたい 信じさせてくれ、と願う »