« 東芝は原発を輸出できない!中国「コピー原発」との圧倒的なコスト差!昌江原発の工期は6年 AP1000は7年が過ぎ未だ建設中 | トップページ | <私たちは一度の過ちで和博君を見限ることは考えてなく、もう一度立ち直ってほしいと考えています。和博君は街全体の宝です> 岸和田からの手紙 »

2016年5月17日 (火)

清原和博に求刑2年6ヶ月 覚醒剤使用を始めたのは「引退後です」 この言葉を信じたい 信じさせてくれ、と願う

 法廷の佐々木主浩

「食事のあと『ありがとね』と笑顔でいってくれた」

 私が清原をインタビューしたとき、清原は薬物をやっていたのか?

『堕ちた「番長」清原和博の闇』(別冊宝島)

検証――「Kの悲劇」

清原が迷い込んだ「オレンジ色の牢獄」

<清原が「ゆるいゴロを捕って返球する」だけのさびしい守備練習をしているそばを松井秀喜が通りかかったことがあった。

 松井は立ち止まって先輩を見た。松井は声をかけたかったに違いない。しかし、清原は一瞥して視線を外す。「しょうがないなあ」という感じで松井は通り過ぎていった。

 清原和博は人間を拒絶していた。

 8年後。私は「敵」として、清原和博と対面した。

 こんなに奇妙で幸福なインタビューは、あとにも先にもない。

 2001年。私は『男、清原どこへ行く』(飛鳥新社)という本を出版していた。私は「本人の承諾なしに“清原”の名前で小銭を稼いだやつ」「有名人の寄生虫」でもあった。

 笑顔の清原から握手を求められ、私は狼狽した。清原もおそらく、それを察知した。経験から「この取材は失敗だ」と私は思った。

 報道が正確なら、このときも、清原は覚醒剤を使用していた。

 編集者が、清原が表紙の『ナンバー』(2003年12月撮影)を差し出す。

「頭染めるんは、きまって怪我したときなんですよ」

 表紙の清原は髪をプラチナブロンドに染めている。

「兆候はあった」ということになる。肉体を改造し、刺青をして、薬物で「脳みその改造」までやった球界のスーパースター。

「朝起きて、鏡を見る。そこに怪我した自分が映っている。自分を自分だと認めたくないんです。だから、違う自分になろうとする」

 清原はユニフォームのズボンをまくり上げ、サポーターを下ろした。右ヒザよりもはっきりと太い左ヒザには、ハの字型のぶっとくて青黒い傷跡があった。

 ただ自力で立つまでに3週間、歩くまでに4ヶ月もかかった大手術からの復活を書く。それが私に課せられた仕事だった。

「今、僕の家は穴だらけですよ」

 ここにも「兆候はあった」ということになる。

<部屋で穴が開けられそうなところは全部、殴る。突き破る。

「何回も負けそうになった。『闘う』と俺、言ったけど、俺、なんでここまでしなきゃいけなんだよ!? 爆発した」

 ボコボコの壁は写真で隠した。>(『ナンバー』2008年4月24日号)

Photo

|

« 東芝は原発を輸出できない!中国「コピー原発」との圧倒的なコスト差!昌江原発の工期は6年 AP1000は7年が過ぎ未だ建設中 | トップページ | <私たちは一度の過ちで和博君を見限ることは考えてなく、もう一度立ち直ってほしいと考えています。和博君は街全体の宝です> 岸和田からの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/65533792

この記事へのトラックバック一覧です: 清原和博に求刑2年6ヶ月 覚醒剤使用を始めたのは「引退後です」 この言葉を信じたい 信じさせてくれ、と願う:

« 東芝は原発を輸出できない!中国「コピー原発」との圧倒的なコスト差!昌江原発の工期は6年 AP1000は7年が過ぎ未だ建設中 | トップページ | <私たちは一度の過ちで和博君を見限ることは考えてなく、もう一度立ち直ってほしいと考えています。和博君は街全体の宝です> 岸和田からの手紙 »