« チェコの原発受注確定→政権交代で計画は白紙に→日本に入金されるはずだった札束を中国が略奪 報道されない「東芝プラハの失望」事件 | トップページ | 東芝最新原発AP1000 英国での審査が始まったのは2007年8月 9年近くたっても認可されず、英国は中国と契約した! »

2016年4月 4日 (月)

「原発事業が債務不履行に陥る可能性は50%以上と推定」(米国予算局)米国輸出入銀行は5ヶ月間停止 東芝はどこに原発を輸出するの!?

 米国予算局は、ずうっとこう言ってきたのである。

「原発事業が債務不履行に陥る可能性は50%以上と推定」

 原発に投資した人の半数以上が破産するということだ。

 東芝は、今まさに「半数以上」の領域へと足を踏み入れようとしているのに……。

<【Czech】4基>(東芝の記者会見資料 2015年11月27日)

 チェコに4基の原発建設計画がある!?

 2基がドタキャンされ、<深く失望>したばかりなのに、さらに2基の受注を目指す!?

 真っ赤なウソ。これこそが「風説の流布」である。

Photo_3

テメリン原発 チェコ

<AP1000 グローバルな受注活動>

<400基以上の建設計画において64基の受注を目指す>

 最初に出てくるのは「英国 13基」。

<東芝傘下WHに改善要請 英原子力規制機関 計画の加圧水型軽水炉 「認証の進展に遅れ」>(日本経済新聞 2016年4月4日)

 AP1000は、英国では認証すらされていなのだから、お話にならない。

「ポーランド 2基」。

<ポーランドが導入計画を改定 初号機の完成含め数年先送り>(原子力産業新聞 2014年2月6日)

 原発建設が4~5年延期された。しかし、「延期し2024年に完成」という計画もウソだった。

 環境保護団体「グリーンピース」が入手した資料。

「原発の完成は2031年以降になる」

「ブルガリア 1基」

 ブルガリアでは今、ロシアと米国が激烈な「原子力戦争」を展開している。それについては項を改めるが、「政権交代が起きればWECはアウト」という現実はチェコと同様だ。

「スロバキア 2基」

 スロバキアで建設中の原発2基はロシア製VVER。2012年に完成予定だったが、いまだ建設中。「そのさらに先の2基をロシアに勝って受注する」というのは寝言以外の何ものでもない。

 東芝さん! ヨーロッパのどこに原発を建てるの!?

|

« チェコの原発受注確定→政権交代で計画は白紙に→日本に入金されるはずだった札束を中国が略奪 報道されない「東芝プラハの失望」事件 | トップページ | 東芝最新原発AP1000 英国での審査が始まったのは2007年8月 9年近くたっても認可されず、英国は中国と契約した! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/64810241

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発事業が債務不履行に陥る可能性は50%以上と推定」(米国予算局)米国輸出入銀行は5ヶ月間停止 東芝はどこに原発を輸出するの!?:

« チェコの原発受注確定→政権交代で計画は白紙に→日本に入金されるはずだった札束を中国が略奪 報道されない「東芝プラハの失望」事件 | トップページ | 東芝最新原発AP1000 英国での審査が始まったのは2007年8月 9年近くたっても認可されず、英国は中国と契約した! »