« タイムリミット3月31日 東芝をメディカル部門「脱法」売却に走らせた「米国エンロン事件の悪夢」。元副社長がピストル自殺。元CEOに禁固24年の判決 | トップページ | 東芝の子会社ウェスチングハウスは、「何年何月何日までに原発を動かします」という約束を守ったことは、歴史上、一度もない! »

2016年4月28日 (木)

東芝が「TOSHIBA AMERICA」株で1000億円の大損!?原発コスト超過、「詐欺的契約」で2兆8688億円の損害賠償訴訟……最悪のニュースは米国からやってくる

 東芝が子会社ウェスチングハウスの「ブランド価値≒のれん」として資産計上していた約3500億円。マスコミ各社は、「そのうち3000億円を減損する」と報道していた。

 ところが……。

 4月26日の記者会見での減損額は2600億円にとどまった。

 なぜ?

 同じ日、東芝は世にも奇妙なプレスリリースを出した。

<当社保有の関係会社株式の評価損の計上及び当社個別財務諸表の資本の欠損について>

 東芝が持っている株が暴落した?

 評価損の額は、なんと約1000億円!

 東芝の金庫にある株券が紙くずと化した?

 東芝は一体、どこの会社の株を大量に持っていたのか?

 会社の名前を見て、私はひっくり返りそうになった。

<関係会社名 :TOSHIBA AMERICA,INC(以下「東芝アメリカ社」)>

 東芝アメリカ社は、東芝にとって「他社」ではない。半世紀以上の歴史を誇る東芝の米国現地法人である。東芝と「TOSHIBA」の名前のついた米国現地法人は「一体である」とみるのが常識だろう。

 東芝が「TOSHIBA株」で1000億円の大損をした!?

 

 最悪のニュースはアメリカからやってくる。

Photo

 米国法務省、米国証券取引委員会は、東芝の調査に乗り出していた。当然、調査の目的は「不正はないのか?」だ。

 マスコミ各社一斉の「東芝が原発事業で損失計上」報道に隠れ、東芝アメリカ社株の問題はまったく報道されていない。

 

 内部告発、情報求む!

|

« タイムリミット3月31日 東芝をメディカル部門「脱法」売却に走らせた「米国エンロン事件の悪夢」。元副社長がピストル自殺。元CEOに禁固24年の判決 | トップページ | 東芝の子会社ウェスチングハウスは、「何年何月何日までに原発を動かします」という約束を守ったことは、歴史上、一度もない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/65209932

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝が「TOSHIBA AMERICA」株で1000億円の大損!?原発コスト超過、「詐欺的契約」で2兆8688億円の損害賠償訴訟……最悪のニュースは米国からやってくる:

« タイムリミット3月31日 東芝をメディカル部門「脱法」売却に走らせた「米国エンロン事件の悪夢」。元副社長がピストル自殺。元CEOに禁固24年の判決 | トップページ | 東芝の子会社ウェスチングハウスは、「何年何月何日までに原発を動かします」という約束を守ったことは、歴史上、一度もない! »