« 東芝「サンアントニオ4552億円詐欺事件」の全貌 本当は71億ドルの原発建設費を57億ドルと偽り入札した東芝の犯罪 市議会が暴露 | トップページ | 東芝「サンアントニオ4552億円詐欺事件」の全貌3 原発の原料は「ウソ」 テキサスの原発から米国人はすべて逃げ出した »

2016年3月 7日 (月)

東芝「サンアントニオ4552億円詐欺事件」の全貌2 東芝と東京電力はテキサスの人々の誇りを踏みにじった

 これは「仮面をかぶって金を借りる」ゲームだ。

 市営企業CPSは地方自治体の「信用」を背景に、すでに3億ドルを借りていた。さらに4億ドルを借りようとしていたときに、東芝のウソがばれた。

<だれもNRGにはビタ一文、払いたがらないよ。><NRGは破産の縁から這い上がってきたばかりで、したがって投資対象としては最低ランクだ。政府の予算を獲得することなど、あり得ない。>(『告発!』)

 そんな会社が、どうやってお金を借りるのか?

「NRGは明日の朝には破産しているかもしれない。しかし、100万都市、サンアントニオが消滅することはない。市はお金を返してくれる」

Photo_5

サンアントニオを舞台にした映画「アラモ」

 悪党が金を借りるためには仮面が必要だった。しかし、NINA誕生からわずか20ヶ月で仮面は剥ぎ取られた。

 CPSとNRGの訴訟合戦は「和解」した、とされているが……。

 CPSの出資比率 50%→7・6%

 わずか7・6%になったんだからこれは「完全撤退」に近い。サンアントニオ市は逃げ出した。東芝は負けた。原発建設プロジェクトは破綻した。

 東芝は142億ドルを手に入れるはずだった。サンアントニオ市民を騙し「儲かるはずの金」60億ドル(約6824億円)が消えた。東芝にとって、この数字はどんな意味を持つのか?

 東芝は「一度破産した会社」NRGに余裕で援助の手を差し伸べたのではない。

 リーマン・ショックが東芝を直撃した。

 2009年。東芝自身が破産寸前だった。資金繰りはぎりぎり。まさに綱渡りだったのだ。

 東芝の2009年3月決算では短期借入金が5000億円近く増えていた。銀行から借りられるだけの金は借りた、ということだ。

 さらに、2009年5月の取締役会では公募増資と劣後債発行を決めている。

 公募増資 3174億円

 株券を印刷しまくって、投資家から取れるだけの金を取ったが……それでも足りなかった。

 劣後債発行 1800億円

 金利はなんと7・5%。超高金利の社債発行=「東芝は真っ青な顔をして金策に走り回っていた」ということだ。

 これだけの金を借りるためには「会社は儲かっています」と胸を張って言う必要がある。

 東芝粉飾決算の根っこ、動機はここにあった。

 原発プロジェクトの破綻で公募増資分の倍の金が吹っ飛んだ。

 

 リーマン・ショック。破産の危機。原発プロジェクトの破綻……。

 東芝を襲った衝撃はそれだけはなかった。

 原発新設への動き「原子力ルネサンス」の前提であり基盤でもある「米国政府保証」が揺らいでいた。

 2009年1月。バラク・オバマ大統領、ウォーレン・バフェット経済顧問が誕生。ふたりはすぐさま「国民の血税を盗みNRGエナジーに流す」というミッションを開始した。偽装が何重にも施された妖計だった。

 全体の予算を示す名前は「景気対策法案」。そのなかに「低炭素エネルギー支援」予算500億ドルを紛れ込ませた。

 表向きの説明は「太陽光など再生可能エネルギー開発につかわれる」。

 大ウソだった!

 500億ドルはそのまんま「発電所新設への政府保証」だったのだ。

 全米200団体以上が反対運動を展開した。上下両院議員に送られたメールは1万通ともいわれている。

「政治的攻撃により今回の企ては失敗した」(「仕掛け人」である共和党のボブ・ベネット議員 ソルトレイク・トリビューン 2009年2月12日)

 政府保証は景気対策法案から削除された。

 

 さあ、どうする? 「ニーナ」ちゃん。

 どうすることもできなかったのだろう。ここからのお話は、詐欺と言うより「お笑い」である。

 NINAは、「新たな信用の創造」のために、なんと、東京電力を仲間に引き入れた!

|

« 東芝「サンアントニオ4552億円詐欺事件」の全貌 本当は71億ドルの原発建設費を57億ドルと偽り入札した東芝の犯罪 市議会が暴露 | トップページ | 東芝「サンアントニオ4552億円詐欺事件」の全貌3 原発の原料は「ウソ」 テキサスの原発から米国人はすべて逃げ出した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/64331882

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝「サンアントニオ4552億円詐欺事件」の全貌2 東芝と東京電力はテキサスの人々の誇りを踏みにじった:

« 東芝「サンアントニオ4552億円詐欺事件」の全貌 本当は71億ドルの原発建設費を57億ドルと偽り入札した東芝の犯罪 市議会が暴露 | トップページ | 東芝「サンアントニオ4552億円詐欺事件」の全貌3 原発の原料は「ウソ」 テキサスの原発から米国人はすべて逃げ出した »