« 子会社副社長が乗った飛行機を爆破「社内殺人企業」サザン・カンパニーと組み、大赤字の原発を建設する東芝 | トップページ | 原発建設に税金をもらおうとした会社は格下げされる!!米格付け会社は一貫してこう主張してきた「原発は投資不適格」 »

2016年3月13日 (日)

東芝子会社ウェスチングハウスが建設したボーグル原発1・2号機(運転中)は、当初の計画の10倍のコストがかかっていた!何十億ドルもの米国人の血税が詐取された!

 東芝が市場の予想の3倍近い54億ドル(約6146億円)で買収したウェスチングハウス(WEC)とはどんな会社なのか?

 ウォールストリート・ジャーナルは、米国の原発建設についてこう書いている。

<1966年から1986年に建造された75の原子力発電施設は、計画当時の3倍のコストがかかった。>(2008年3月12日)

 最悪の「コスト超過」はどこだったのか?

<ボーグル原発は、10倍以上のコストがかかった。>

 ボーグル原発を建設したのは、WECだ。

 ウィキペディアによれば、1976年8月1日に着工したボーグル原発2号機が、商業運転を開始したのは1989年5月20日。建設には、なんと、12年9ヶ月もかかっている。ボーグル原発の建設費は、1・2号機合計で88億7000万ドル。

 1976年。WECは、「8億ドルで原発2基を建設する」と言っていた?

 できるわけがない!

「3・11」以降、私は、おびただしい数の「原発のウソ」に出会ってきたが、これこそ究極のウソだ。

 ボーグル原発2号機運転開始の約一ヶ月前。ボーグル原発を所有するサザン・カンパニーの子会社副社長、ジェイク・ホートンが殺された。ホートンは、ボーグル原発の不正会計を連邦検事に話そうとした直前に死亡した。

 私は一年以上、運転中のボーグル原発1・2号機の「コスト超過」を探ってきたが、資料はどこにもない。「なんで?」と思い続けてきたが、マサチューセッツ工科大学が2003年に出したレポート『原子力の未来』を見て、腰が抜けそうになった。

<原子力発電に関する財務情報は政府機密扱い>

 米国の原発についての「お金の流れ」は、ずうっと「国家機密」だというのである。

 なぜ?

 米国民の血税が、際限もなく注ぎ込まれてきたからだ。

 

「米国原発の金の流れ」が暴露された数少ないケースが、ニューヨーク州ショーラム原発訴訟である。

「企業犯罪探偵」だったグレッグ・パラストが、ショーラム原発を所有するロングアイランド電力会社と建設会社ストーン・アンド・ウェブスター(S&W)とのやり取りを記録した文書を入手した。

<一九七三年、同社の会長と社長は、原発はあと「一年」ほどで完成する、と明言した。完成が間近なら、というので、政府は一年あたり五億ドルを使うことを許可した。><機密文書から、完成予定が一年先だったことはないという事実が分かった。彼らの証言は、何十億ドルも税金をかすめ取るための大ウソだった。>(グレッグ・パラスト『告発!』早川書房)

 1975年10月。S&W発の文書。

「ショーラム原発の燃料装荷は1979年2月、許容範囲はプラス5ヶ月」

 同年12月。ロングアイランド電力会社幹部は宣誓証言した。

「1977年末までにショーラム原発は完成し、燃料装荷ができる」

 7年以上の歳月が流れたがショーラム原発は完成しなかった!

 1983年6月。S&W会長が政府に出向いて説明した。

「ショーラム原発は完成した。2ヶ月以内に燃料を装荷する」

 会長は部下から「ショーラム原発が1年以内に完成すればラッキー」という報告書を受け取っていた。

 

 それからさらに32年の歳月が流れた。

 S&Wは今、WEC、東芝とともに、同じ詐欺……いや、もっとひどい詐欺を現在進行形でやっている。

 建設中のボーグル原発3・4号機は、工事遅延によるコスト超過が、2015年3月時点で14億ドルにも達している。コスト超過分をWECから請求されたサザン・カンパニーは、S&W、ウェスチングハウス、東芝を提訴し裁判が始まった。

 S&Wは、損害引当金計上により債務超過に陥り……。

 そこからの物語は、原子力の世界でしか起こりえない「おとぎ話」だ。

 S&WはWEC(実際は東芝)に買収され、極悪企業3社は一体化した。

 裁判は終わった。東芝がS&Wを買ったことで、なぜか、「和解」が成立した。

「腐り切っている」という言葉でも足らない。

 

 東芝の赤字は7100億円!

 WECの減損は1600億円!

 原発建設会社S&Wは破産!

Photo

ダニエル・ロデリックWEC社長(左)と室町正志東芝社長(右)

「原発64基を新規受注して大儲けをするから大丈夫」

 東芝の説明を鵜呑みにする人類がどこにいる?

 原発を建設したら損をするだけだ!

 それでも、東芝はこう言い張る。

<S&W社が、WECの子会社になることにより><年間、2000億円程度の売上増が見込まれております。>(東芝プレスリリース 2016年1月5日)

 これは「風説の流布」どころの話じゃない!

 室町正志東芝社長を逮捕せよ!

|

« 子会社副社長が乗った飛行機を爆破「社内殺人企業」サザン・カンパニーと組み、大赤字の原発を建設する東芝 | トップページ | 原発建設に税金をもらおうとした会社は格下げされる!!米格付け会社は一貫してこう主張してきた「原発は投資不適格」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/64419499

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝子会社ウェスチングハウスが建設したボーグル原発1・2号機(運転中)は、当初の計画の10倍のコストがかかっていた!何十億ドルもの米国人の血税が詐取された!:

« 子会社副社長が乗った飛行機を爆破「社内殺人企業」サザン・カンパニーと組み、大赤字の原発を建設する東芝 | トップページ | 原発建設に税金をもらおうとした会社は格下げされる!!米格付け会社は一貫してこう主張してきた「原発は投資不適格」 »