« 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった | トップページ | 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった3 »

2016年2月13日 (土)

清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった2

 1997年3月9日。対阪神オープン戦つづき。

「清原くんが来てくれるのなら、タテジマをヨコジマに変えてもいい」(吉田義男・阪神監督)
 
 8回二死二三塁の場面で吉田監督は3番・松井秀喜を敬遠。
 
「4番」清原和博と勝負した。
 
 結果はバットを折るショートゴロ。
 
 甲子園球場のスタンドから罵声が飛ぶ。
 
「とっとと実家に帰ったほうがええで!」
 
 試合後の清原。
 
「オープン戦やで。まさか、オープン戦で、こんな展開になるとは、夢にも思わなかったわ。疲れとるんや。疲れとる、と言うてるやろ!お前らも、ええ加減にせいよ ほな、サイナラ」
 
Photo_2

|

« 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった | トップページ | 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/63932548

この記事へのトラックバック一覧です: 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった2:

« 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった | トップページ | 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった3 »