« 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった4 | トップページ | 清原和博と桑田真澄 ふたりの友情を足蹴にした王貞治は未だに清原に詫びていないよね »

2016年2月14日 (日)

清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった5

「考えてくださいよ。いま、こうしてウチが首位にいられるのも、落合を獲ったというシーズンオフの戦略、つまり、チーム作りが成功したからなんだ。試合での戦術なんか、どこの監督も似たり寄ったり、鼻くそみたいなもんだ。チーム作りという戦略が勝負の分かれ目なんだ」(長嶋茂雄 1996年)

 
 監督の采配は鼻くそ!?
 
 野村克也が聞いたらどう言うだろう?
 
 1994年から96年。落合博満が4番に君臨した3年間で、読売は2度のリーグ制覇を果たしている。
 
 落合はこう語っている。
 
「清原獲得を(読売に)進言し始めたのは早かったよ。最初は去年(1995年)だからね」
 
「それからしょっちゅう進言していた」
 
「あの子は西武に11年いて一度もタイトルを獲れず、『無冠の帝王』とか言われているけど、日本シリーズやオールスターでの活躍を見ればわかる通り、短期決戦となると驚異的な力を出すわけよ」
 
「いい時と悪い時の差が大きい。今日は駄目だとなると、まるっきり駄目なんだって」
 
「それがもし、ジャイアンツのようにいつもスタンドが満員になるチームに来れば、今日は駄目だからといってタコ(無安打)ばっかり食らっているわけにはいかない。短期決戦で出せる力をシーズンを通して維持して出せるんじゃないか。そういう風に環境を変えてやらなきゃ、あの子はこのままで終わってしまうだろう」
 
 まず、清原本人のために。
 
「同じチームにいて俺が近いところで見ていれば、いろんなことをアドバイスできるだろう。俺が43歳、松井(秀喜)が22歳。その差は21歳もあるでしょう。そこで29歳の清原が入れば、俺と松井の間にワンクッション置けるわけじゃない。で、4番とは何ぞや、プロ野球とは何ぞやということを俺が清原に教え、それを清原が松井に伝え……。今後のプロ野球界のことを考えたら、そういうことが必要だろう。そう思っていたんだけれどね」
 
 次にプロ野球界全体のために。
 
「それはジャイアンツのためでもあるし、清原のためでもあるし、松井のためでもあるし、ひいては俺のためでもあるだろうと」
 
「キヨは俺と競争して一塁を獲れば、一皮剥けると思っていったんだ」
 
 真剣勝負は落合自身の「復活への道」あるいは「引退への花道」になるはずだ。
 
 最後は自分自身のために。
 
 落合博満……こんな男、今の球界にいますか?
 
 1996年11月13日。都内のホテルで深谷尚徳読売代表を待つ、清原は念じていた。
 
「あれから11年もたった。本当のことを聞かせてくれ」
 
 到着した深谷代表の口から出てきた言葉は……。
 
「落合はクビにする。4番ファーストで待っているよ」
 
 ……。
 
 11年前のドラフト会議については。
 
「そんなこともああったねえ」
 
 深谷は笑った。
 
Photo

|

« 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった4 | トップページ | 清原和博と桑田真澄 ふたりの友情を足蹴にした王貞治は未だに清原に詫びていないよね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/63951761

この記事へのトラックバック一覧です: 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった5:

« 清原和博の野球は「自殺未遂の連続」となった4 | トップページ | 清原和博と桑田真澄 ふたりの友情を足蹴にした王貞治は未だに清原に詫びていないよね »