« 東芝「原子力破産」へのカウントダウン 逃げ出した顧客、仲間たち ジム・ファーランド米州地域総責任者 | トップページ | 東芝事件の共犯者たち「原発運営には倫理的に不適当」(米政府)なNRGエナジー »

2015年12月 8日 (火)

WHのために働いていた「ミセス・アトミック」ヒラリー・クリントン大統領は東芝を救えるか!?

 ビル・クリントンが、アーカンソー州知事になったは1978年。32歳の若さだった。

 妻のヒラリー・クリントンは翌年、ローズ法律事務所の女性初のパートナーになっている。

 ヒラリー・クリントン弁護士の最大の顧客は、地元の電力会社「エンタジー・インターナショナル」社だった。エンタジーは出来の悪い原発を抱え、破産寸前だった。

Photo

 1979年3月28日。スリーマイル島原発事故。

 エンタジーが所有するニューヨーク州のインディアン・ポイント原発は、マンハッタンからわずか65キロの地点にあるウェスチングハウス社製加圧水型。

 ヒラリーはウェスチングハウスのために働いていた。

 住民による激しい反原発運動が起きたバーモント・ヤンキー原発の原子炉はゼネラル・エレクトリック(GE)の退職技術者から「欠陥原発」と議会で告発されていた「マーク1」である。

 ヒラリーの仕事は当然、

「原発は安全です」

 ウソをつき続けることだった。

 1993年1月。夫のビルが大統領に就任すると、エンタジーは全米有数の電力会社になった。

 なぜか?

 米国の電力会社は厳しく規制されていた。

 電気料金の上限は国が決める。

 他州の電力会社の買収を禁止する。

 子会社を持つことを禁止する。

 株、債権の発行には政府の認可が必要。

 1930年代にフランクリン・ルーズベルト大統領が定めたルールは、「公益企業が原発を持つと破産する」ことを意味していた。

 1980年代以降、格付け会社により、米国ではずうっと「原発は投資不適格」とされてきた。

 つづきはメルマガで

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

Photo_2

 インディアン・ポイント原発で起きた火災

|

« 東芝「原子力破産」へのカウントダウン 逃げ出した顧客、仲間たち ジム・ファーランド米州地域総責任者 | トップページ | 東芝事件の共犯者たち「原発運営には倫理的に不適当」(米政府)なNRGエナジー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/62870797

この記事へのトラックバック一覧です: WHのために働いていた「ミセス・アトミック」ヒラリー・クリントン大統領は東芝を救えるか!?:

« 東芝「原子力破産」へのカウントダウン 逃げ出した顧客、仲間たち ジム・ファーランド米州地域総責任者 | トップページ | 東芝事件の共犯者たち「原発運営には倫理的に不適当」(米政府)なNRGエナジー »