« JC予想です | トップページ | JC予想修正版です »

2015年11月28日 (土)

「WHの大損? 私はまったく知らなかった」全人類の度肝を抜く室町正志・東芝社長のウソ

「(WHの巨額減損について)私はまったく認識していなかった」

室町正志・東芝社長 2015年11月27日

 
 全人類の度肝を抜く発言である。
 この4日前に発売された『日経ビジネス』(11月23日号)は、室町正志に送られた「極秘メール」を暴露している。
 日付は2015年5月28日。差出人は櫻井直哉・東芝法務部長。
<第三者委員会の松井(秀樹)委員から、森・濱田(松本法律事務所)のF弁護士に連絡があった。>
 松井秀樹・丸の内総合法律事務所共同代表。東芝粉飾決算を調査する第三者委員会の中心メンバーだが、委員に選出されるわずか2日前まで東芝連結子会社の法務顧問を務めていた。
「お芝居」「プロレス」の匂いが漂ってきませんか?
 松井はこう持ちかけた。
「WHの減損について、第三者委員会が調査するか否かは東芝が判断すべき」
 この男、何を言っているのか?
「何を調査するのか」は第三者委員会の専権事項であり、だからこそ「第三者」と呼べるわけで……。
「大損を出し続けている子会社WHを調べていいの? 親会社の東芝が決めて」
 お話にならない。
 シナリオあり「法人プロレス」の腐り切った展開だが……櫻井は当然のごとく室町社長にこう書く。
<本件を(東芝から)第三者委に委嘱する可能性はまったくない。>
 しかし、WHの大損を知りながら、ただ「調べませんでした」では世間様に示しがつかないので……。
<報告書に「減損について検討すべき論点が認識されているが、本調査の範囲外であるため、本委員会では詳細調査は行っていない」等の記載がなされる可能性がある。>
 7月に提出された報告書には、なんとも唐突に、次の文言が出てくる。
<本委員会の調査及び調査の結果は、東芝からの委嘱を受けて、東芝のためだけに行われたものである。>
 はじめから結論ありきの出来レース、八百長、プロレスだった、ということだ。
 
 室町正志はこのメールを読んでいるのである。
「私はまったく認識していなかった」
<WEC(東芝ではWHをなぜかこう表記する)の減損>とはっきり書いてあるのに!?
 今回、『日経ビジネス』が入手した社内メールは相当量あると推測できる。
 たわけた「WH説明会」が金曜。
『日経ビジネス』発売が月曜。
 室町正志は、おそらく、2日の命。お前はもう死んでいる。
 
 なぜ、すぐにばれるウソをつくのか?
「東芝上層部にうごめく連中はすでに人間ではない。“法人”というエイリアンにボディスナッチャーされているだろう」
 そう書く他ないよね。
 社長発言で「東芝は終わり」ってことが誰の目にも明らかになったのに……「WH説明会」はその後、恐るべき展開を見せる。
「(WHの大損を)連結決算で計上する必要はない」(志賀重範・東芝副社長 元WHのCEO)
 東京証券取引所の適時開示基準違反だし……そもそも、東芝を大損させた責任は、志賀! お前にある!
「WHで原発64基の受注を目指す」(ダニエル・ロデリックCEO)
 日本を代表するメーカーは発狂した。
「世界中で原子力の需要が高まる」
「根拠ゼロ」のでまかせとはまさにこれ。
「気候変動に立ち向かうには原子力が必要だ」
 ……ロデックさんよ……。
 数日前、朝日新聞のインタビューにはこう答えていなかったか?
「インドで6~12基の契約を結べるだろう」
 原発メーカーの受注見通しが達成されたケースは、歴史上、ただの一度もない。
 真相は「最高にがんばって、さらに運がよくて6基」である。
 
 東芝をめぐる新聞報道には巨大な欠落がある。
「原発建設は予定通り行われているのか?」
 この質問をするジャーナリストが日本にはひとりもいないのだ。
 ユーチューブの動画を見れば、一目瞭然だ。
 2016年4月に運転開始するはずだった米国ジョージア州のボーグル原発は?
 
 
 
全然、できていない(2015年11月公表のサザン・カンパニー提供動画)。
 2015年3月の米国メディア報道によれば、コスト超過14億ドル。
 サザン・カンパニー負担の建設費は49億ドルから75億ドルにまで膨れ上がっているのである。
 これはサザン・カンパニーの「公表資料」である。
 日本のジャーナリストは「東芝の説明」と「現地の報道」の「数字の違い」にすら注目しない。
 サザン・カンパニーの公表資料から試算すれば……。
 ボーグル原発だけで建設費は4000億円以上増えている。
「誰が負担するのか?」
 そう質問するジャーナリストも日本にはいない。
 訴訟になったら負けるのは誰?
「新型原子炉AP1000はシンプルで経済的」
「AP1000に限って工事遅延はない」
 盛んに宣伝してきたWHに決まっている。
 サウスカロライナ州のVCサマー原発は?
「運転開始が3年遅れる」(原発所有者「スキャナ電力」が州規制当局に出した報告書)
 2013年末に運転開始するはずだった中国・三門原発は?
 動いていない。
 工事遅延=コスト超過。
 今後、WHが出す損失は、いったい、いくらになるのだろう?
 
  Photo

|

« JC予想です | トップページ | JC予想修正版です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/62717397

この記事へのトラックバック一覧です: 「WHの大損? 私はまったく知らなかった」全人類の度肝を抜く室町正志・東芝社長のウソ:

« JC予想です | トップページ | JC予想修正版です »