« 4日連続法定濃度超え 東電福島第一原発K排水路 | トップページ | NHK「時論公論」東芝子会社、ウェスチングハウス社の「のれん代」に初めて言及 »

2015年8月31日 (月)

誰も報道しない福島第一原発A排水路の汚染 東電は小雨の「静穏」な朝、「悪天候のため」港湾外の海水採取を中止した!http://www.mag2.com/m/0001577514.html

 セシウムは「港湾外」に流れ出した。

Photo_3

<北防波堤北側>

 セシウム137 0・8ベクレル/L

 過去最高値。

 その他の「港湾外」サンプリングポイントはすべて「ND」(検出限界値未満)。

 これは何を意味しているのか?

 

<北防波堤北側>はA排水路に近いサンプリングポイントなのだ。

 原子力規制委員会でも問題視されず、まったく報道されていないA排水路からは、泥を止める堰もシルトフェンスも何もなく、雨水はそのまま「港湾外」に流れ出している。

 実はA排水路排水口に最も近いサンプリングポイントは<5・6号機放水口北側>。

Photo_4

 ここからが大問題。

 海の汚染「過去最高値」が記録された8月28日。東京電力は<5・6号機放水口北側>の数値を公表していないのだ。

 翌29日は、なんと<悪天候のため採取できず>。

 悪天候?

 東京電力が他のサンプリングポイントで海水を採取したのは、午前6時15分から午前8時21分までの間だ。

 8月29日。福島県浪江の天気。

 6時 降水量3・5ミリ 風速0・5メートル

 7時 降水量2ミリ 風速0・5メートル

 8時 降水量1・5ミリ 風速0・6メートル

 どこが「悪天候」なのか!?

 気象庁の「やや強い風」の定義は風速10メートル以上。「やや強い雨」の定義は1時間に降水量10ミリ以上。

 つまり、東京電力は「静穏」な天気の朝、「港湾外」の海水の採取を「悪天候のため」中止したのである。

 データをさかのぼると、<5・6号機放水口北側>の海水データを公表したのは8月10日が最後。なんと20日間、一度も公表していない。

Photo_5

 A排水路の泥の汚染。2013年12月3日東電採取。

 セシウム137 420000ベクレル/Kg(≒L)

 ストロンチウム90 推定245000ベクレル/Kg(≒L)

 A排水路の汚染が隠されたのだ。

 つづきはメルマガで

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

|

« 4日連続法定濃度超え 東電福島第一原発K排水路 | トップページ | NHK「時論公論」東芝子会社、ウェスチングハウス社の「のれん代」に初めて言及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/61408625

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も報道しない福島第一原発A排水路の汚染 東電は小雨の「静穏」な朝、「悪天候のため」港湾外の海水採取を中止した!http://www.mag2.com/m/0001577514.html:

« 4日連続法定濃度超え 東電福島第一原発K排水路 | トップページ | NHK「時論公論」東芝子会社、ウェスチングハウス社の「のれん代」に初めて言及 »