« 福島第一原発K排水路 連続モニタリング装置「つけなくていい」と言ったのは原子力規制委員会だった!! | トップページ | ギリシャの人々が教えてくれたこと 非暴力 静かに銀行からお金を下ろす 選挙、国民投票という民主的手段 »

2015年7月 5日 (日)

東電「海の全ベータ」の数値は半分以下に改ざんされている!? ストロンチウムを測ったら全ベータの数値を超えた!!http://www.mag2.com/m/0001577514.html

 原子力規制委員会。消えた専門家会議には共通点がある。

「海」そして「東電以外の機関で再計測」である。

「同じサンプリング地点のふたつのグラフが同じものには見えない。誰か説明してくれますか?」(青山道夫・気象庁)

 誰も説明できず、沈黙が続いた「海洋モニタリングに関する検討会」は、「次回」を予告していながら「次回」はなかった。開催されたのは4回だけ。

「汚染水の海への流出」を受けて新設された「汚染水対策検討ワーキンググループ」の場合は、さらに謎に包まれている。

 2013年8月2日。2時間4分。

 8月12日。2時間50分。

 8月21日。2時間43分。

 8月27日。3時間6分。

 8月30日。3時間6分。

 9月12日。4時間3分。

 開催の頻度と延長時間が汚染水問題の深刻さを表している。

 なぜ、「最も重要な専門家会議」は消えたのか?

 

 2014年2月24日に開催された「第11回 汚染水対策検討ワーキンググループ会合」は紛糾し、4時間を超える議論となった。

 1月15日。東京電力が「世にも奇妙な海水データ」を公表したからだ。

Photo_8

 1~4号機取水口北側海水。

 全ベータ 310ベクレル/L

 ストロンチウム90 350ベクレル/L

 全ベータ<ストロンチウム90!?

 全ベータよりストロンチウム90の数値が高い。

 1、2号機取水口間海水。

 全ベータ 210ベクレル/L

 ストロンチウム90 290ベクレル/L

 ベータ線が検出限界値を超えた16地点中、なんと9地点でストロンチウムの90の数値が全ベータの数値を上回った。

Photo_9

 ありえない。

 東電による「海の汚染」データ改ざんを示唆する重大ニュース……であるはずなのだが、マスコミは報道しなかった。3大紙の記事ゼロ。

 マスコミが反応しないので東電は、

「逃げ切れた」

 胸をなで下ろしたかもしれないが、専門家は黙っていなかった。こんなおかしなデータをスルーできるわけがない。

「ストロンチウム90はイットリウム90と同時に測っていると思いますので、全ベータの場合は。そうすると、超えたというよりも誤差が2倍を超えたということになるか、と思うのですけれど、ストロンチウム90を全ベータとしてはかると2倍の数値になりますので」(亀尾裕・日本原子力研究開発機構 1月24日「第10回会合」)

 なぜ、「全ベータ」というデータを取るのか?

 ストロンチウム90の分析には時間がかかる。全ベータはすぐに数値が出るため、そこからストロンチウム90の数値を推定するためである。全ベータの数値には、ストロンチウム90とイットリウム90がほぼ同量含まれている。

 全ベータの数値の約半分がストロンチウム90の数値だ、と推定する、ということだ。

「全ベータ<ストロンチウム90」は、あり得ないデータである。

 なぜ、専門家会議は紛糾したのか?

「全ベータの数値は正しい。ストロンチウム90の数値が過大評価だった」

 東電がそう言い張って引かなかったからだ。

 全ベータとストロンチウム90の数値――どちらを信用すればいいのか?

 亀尾はすかさずこうつけ加えている。

「そもそも全ベータの分析値というのは誤差が大きい」

 放射線の専門家が100人いたら100人がこう言うだろう。

「全ベータとストロンチウム90のデータが並んでいたら、まず、全ベータの数値を疑う」

 亀尾の追及はこれで終わりではなかった。

「全ベータもLBC(ガスフロー型比例計数装置)で測っていると思うのですけれど、そちらのほうは問題ないのでしょうか? ストロンチウム用のLBCと全ベータ用のLBCっていうのは違うものをお使いなのでしょうか?」

 白木洋也・東電がしばし絶句し、

「機械は同じでございます」

 同じ装置で測った同じ地点の海水の数値。

 全ベータ 310ベクレル/L(←誤差が大きい)

 ストロンチウム 350ベクレル/L

 常識的に考え、「ストロンチウム90の数値が正しい」と仮定し、全ベータの数値を補正する。

 全ベータ 310ベクレル/L→補正→700ベクレル/L

Photo_10

 東電は全ベータの数値を半分以下に改ざんして公表していることになる。

 問題は、原子力規制委員会が世界に発信している毎日の「港湾外の海水」データが全ベータのみだということだ。

 原子力規制委員会HPトップを開き右上の「English」をクリックしてほしい。

 右側の「F1 Issues」はほぼ週一回更新され、港湾外の海水の毎日の数値が全ベータのみで公表されている。

Photo_11

 もし、この数字が半分以下に改ざんされていたら?

「汚染水の影響は0・3平方キロの港湾内に完全にブロックされている」(安倍晋三の国際公約)

 本当か?

Photo_12

 つづきはメルマガで↓

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

|

« 福島第一原発K排水路 連続モニタリング装置「つけなくていい」と言ったのは原子力規制委員会だった!! | トップページ | ギリシャの人々が教えてくれたこと 非暴力 静かに銀行からお金を下ろす 選挙、国民投票という民主的手段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/60630538

この記事へのトラックバック一覧です: 東電「海の全ベータ」の数値は半分以下に改ざんされている!? ストロンチウムを測ったら全ベータの数値を超えた!!http://www.mag2.com/m/0001577514.html:

« 福島第一原発K排水路 連続モニタリング装置「つけなくていい」と言ったのは原子力規制委員会だった!! | トップページ | ギリシャの人々が教えてくれたこと 非暴力 静かに銀行からお金を下ろす 選挙、国民投票という民主的手段 »