« ILL BONE「死者」がNHKラジオから流れたとき、広島県の高校生が | トップページ | 東電福島第一原発K排水路対策破たん!東電が投入している吸着材の名は「わかめちゃん」http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec_file/16025c/150227kyougikai_houkokusyo.pdf »

2015年5月 4日 (月)

「雨は人間の力では抑えられない」「自然の力はすごいので排水路の水は浄化できない」東電が「汚染水対策破たん」をついに認めた!

<雨水については、雨がどう降るかが問題です。降ったときは、人間の力では抑えられないもので、どうしようもないくらいの水が出ます。浄化装置に通すことは無理です。>(東京電力)

 ……おい!

<自然の力はすごいので、水を浄化するような対応をとることは難しいです。>

 ……。

 東電福島第一原発一般排水路問題について、ここまではっきりと説明した言葉があるだろうか?

 つまり……お手上げ。

 解決策ゼロ。何をやってもムダ。汚染水が海に流れ出していくのを人はただ指をくわえて見ているしかない。

「大自然の中で人間はちっぽけな存在なんだなあ」

 そう言った東電社員は誰だ!?

 もう、本当にうんざりだ。資料を見ても名前がわからない。ただ<東京電力>と書かれているだけ。

 だから、原子力災害は解決しない。資料のほぼすべてが「犯人が特定されないように」書かれている。

 考えてみてほしい。

 捜査する刑事全員に「容疑者を特定するな」という命令が下っている。

 それで事件が解決するか?

 

 2月27日午前10時。福島県が立ち入り調査を行った。調査の第一の目的はK排水路からの汚染水流出。県の要領には念を押すように<港湾外への流出>と明記してある。

 調査団(福島県原子力発電所の廃炉に関する安全監視協議会)のリーダーである渡辺仁・原子力安全対策課長はK排水路の出口の前に立った。

Photo

「こりゃダメだ」

 おそらく、これがそのときの彼の反応。

<本日、K排水路の出口を見たときに、出口の箇所に別の側溝が流れ込んでいる状況でした。>(報告書)

 海への出口だけ見ても別のところからの水が入り込んでいる。K排水路に流れ込むすべての「水の道」を把握することなど、とうてい無理。

 水産資源学が専門の原猛也委員も断言している。

<全部やっていったらきりがありません。>

 断言した上で、

<心配しているのは、魚です。魚はマスクもしないし、タイベックスもしません。>

 さらに、<現在はこれで済んでいる>とした上で、

<(対策を)しくじるととんでもないことになります。>

 当然、「東電は何をやっているの?」「計画は?」という話になっていくが……。

<排水路を年度内にきれいにする計画で、昨年12月までにきれいにするため、K排水路、A排水路、B・C排水路の清掃をしました。K排水路は、なかなかきれいになりません。>(東京電力)

 ……ダメじゃん。

<よいアイデアがあれば>

 などと言っているうちに「雨が降ったらお手上げ」「自然の力はすごい」という話になって終わり。

 ……ダメじゃん。

 本当にダメなんだが、福島県の報告書が「原子力ムラ」の文書と大きく違うのは次のように指摘している点だ。

「疑うべきところをちゃんと疑え」

 ……いや、これも当たり前すぎる話なのだが……。

<本日、35m盤から下を見ましたが、1号機の(大物搬入口の)屋根の上も同じ状態でした。>(渡辺課長)。

 いたるところで「たまり水」が放置されている。

<3、4号機に汚染源がある可能性もあります。>

 興味深いのは、この指摘に対し、東電が次のように反応している点だ。

<3号機なども線量が高いため、なるべく早く、どこが汚染源なのか詰めます。>

 3号機の建屋内は他の建屋より線量が飛び抜けて高い。高いが……東電はデータを隠し続けている。

 3号機にだけ屋根がない。5階オペフロが雨ざらしになっているが……「原子力ムラ」の住人は決してそれを口にしない。

<海側のガレキが撤去された箇所については、非常に高いエリアが一部なくなったりしています。>

 2013年8月。3号機オペフロの大型がれきを持ち上げただけで、1兆1200億ベクレルのダストが上空に放出された。同時期に敷地境界線の線量が急上昇した。

<ガレキも汚染源であり、ガレキ撤去を進めます。>

 発言者の名前がない、と冒頭で指摘したが、この発言者は特定できる。

 小野明・福島第一原発所長だ。

Photo_2

 毎日、現場で働いて人は誰だって知っているのだ。

「3号機のがれき撤去作業がヤバい」と。

|

« ILL BONE「死者」がNHKラジオから流れたとき、広島県の高校生が | トップページ | 東電福島第一原発K排水路対策破たん!東電が投入している吸着材の名は「わかめちゃん」http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec_file/16025c/150227kyougikai_houkokusyo.pdf »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/59869280

この記事へのトラックバック一覧です: 「雨は人間の力では抑えられない」「自然の力はすごいので排水路の水は浄化できない」東電が「汚染水対策破たん」をついに認めた!:

« ILL BONE「死者」がNHKラジオから流れたとき、広島県の高校生が | トップページ | 東電福島第一原発K排水路対策破たん!東電が投入している吸着材の名は「わかめちゃん」http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec_file/16025c/150227kyougikai_houkokusyo.pdf »