« 立たされ坊主か? 廣瀬直己・東電社長 動画 | トップページ | 香山リカさん騒動とマイク・タイソン、デニス・ロッドマンの「病名」について »

2015年5月 1日 (金)

福島第一原発排水路 58万ベクレル、42万ベクレルの泥を採取したのは東電ではなく規制庁職員だった!

 A、K排水路の泥問題を時系列で整理します。

 2013年3月。

 東電福島第一原発の敷地境界線の空間線量が最大1mSv/hまで低下。
 
 8月。
 
 空間線量が急上昇。
 
Photo
 
 9月7日。
 
 安倍晋三「アンダーコントロール」演説。
 
Photo_2
 
 10月。
 
「東電に任せていては首相の国際公約が守れない」
 
 規制庁が「汚染の全体像を把握するため」線量調査開始。
 
 12月3日。
 
 規制庁職員がA排水路で2mSv/hなど、複数のホットスポットを発見。
 
 職員の証言。
 
「ここでは水の採取はできなかった」
 
 この証言でわかるように、
 
水、泥を採取したのは東電ではなく規制庁職員!
 
 規制庁が独自に分析すると、「東電が汚染を隠していた」ことになる。
 
「東電が分析し東電から公表するように」と規制庁が指導。
 
 東電は速攻で泥が片付けやすいA排水路から清掃!
 
Photo_3
 
 12月26日。
 
 廃炉・汚染水対策チーム「事務局会議」。
 
 初めて排水路のデータが公表される。
 
Photo_6
 
Photo_4
 
 2014年1月24日。
 
 汚染水対策ワーキンググループ会合。
 
「A排水路はきれいになりましたよ」と東電が発表。
 
 1月31日。
 
 特定原子力施設監視・評価検討会。
 
 排水路に関するすべての数値が消える。
 
Photo_5
 
 2014年4月。
 
 東電が排水路のサンプリング調査開始。
 
 一切、公表せず。
 
 2015年3月4日。
 
 特定原子力施設監視・評価検討会。
 
 東電、1枚きりの紙を配布。
 
 2013年4月から計100回の排水路サンプリングデータ。
 
Photo_7
 
「東電はなぜ、隠していたんだ!?」と集中砲火を浴びる。
 
 これ以降、排水路問題は語られなくなる。
 
Photo_8

|

« 立たされ坊主か? 廣瀬直己・東電社長 動画 | トップページ | 香山リカさん騒動とマイク・タイソン、デニス・ロッドマンの「病名」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/59833866

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発排水路 58万ベクレル、42万ベクレルの泥を採取したのは東電ではなく規制庁職員だった!:

« 立たされ坊主か? 廣瀬直己・東電社長 動画 | トップページ | 香山リカさん騒動とマイク・タイソン、デニス・ロッドマンの「病名」について »