« 「再稼働」ILL BONE初練習 かなりの手ごたえ……だけど、「若かったのにへんなことやってたなあ」としみじみ | トップページ | ILL BONE再稼働 「こういうのがやりたかった!」ブリジット・フォンテーヌ『ラジオのように』 »

2015年2月 1日 (日)

後藤健二さんが殺された? 人質交換サジダ死刑囚のことを日本のマスコミはまったく報道しない 彼女の肉親を殺した米兵の給料を払ったのは誰? 私たち、日本国民ですhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html

 ロバート・ケネディを暗殺したのはイスラム教徒。

「9・11」テロを起こしたのはイスラム教徒。

 パリで新聞社を攻撃したのはイスラム教徒。

 湯川遥菜さんを惨殺したのもイスラム教徒……。

「イスラム教徒≒テロリスト」「イスラム教徒≒過激派」というプロパガンダはなぜ、生まれたのか?

 

 日本のマスコミは完全に心を失っている。ハートがない。

 今回の「イスラム国人質事件」こそがその惨状を映し出している。

「後藤健二さんと人質交換しろ」

 日本の報道には「イスラム国が名指ししたサジダ・リシャウイとは何者なのか?」という視点が欠けている。

 彼女の心を見ようとするジャーナリストとなると皆無である。

 後藤健二さんと同様に「イラクを知る」フリージャーナリスト、志葉玲さんはこう書いている。

<サジダ死刑囚は、イラク西部のラマディの出身だ。2005年前後と言えば、ラマディはイラクの中でも最激戦地の一つだった。米軍が街を包囲すると同時に街の高台から、人々に向けて撃ちまくっていた。攻撃の邪魔となると、一般の住宅や学校までも破壊された。市内の病院に向かう道は、「死の道」と恐れられ、米軍の狙撃手は、妊婦であれ、子どもであれ、動くものは何でも撃った。街中を空爆が襲い、走り回る戦車が、傷つき倒れた人を轢き潰し、ミンチにした。あまりに大勢の人々が殺されたため、街の空き地は次々と集団墓地に変わっていったのだ。米軍が人々を殺せば殺すほど、多くのイラク人が米軍を追い払うために武器を手にとった。サジダ死刑囚の兄弟も米軍との戦いで命を落としている。>(「イスラム国は日米の外交・安全保障政策の失敗が産んだモンスター~暴走を止めるためにやるべきことは?」ヤフーニュース 1月25日) 

 イラク戦争に最大の資金を提供したのが日本政府である。

<イラクの人々は「オキナワ」という言葉を恐怖の体験と共に語る。なぜなら、沖縄の米軍基地で市街戦の訓練を受けた海兵隊員がイラクへと出撃していったからである。

「動くものはなんでも撃つ」狂気の兵士の給料を支払ったのは、私たち、日本人なのである。

メルマガ

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

|

« 「再稼働」ILL BONE初練習 かなりの手ごたえ……だけど、「若かったのにへんなことやってたなあ」としみじみ | トップページ | ILL BONE再稼働 「こういうのがやりたかった!」ブリジット・フォンテーヌ『ラジオのように』 »

コメント

ネットでは後藤もハルナも死んでない。
映像も偽者だというのがありますが、中田さんはどのような考えなのでしょうか?
是非、教えてください。

投稿: | 2015年2月 8日 (日) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/58774889

この記事へのトラックバック一覧です: 後藤健二さんが殺された? 人質交換サジダ死刑囚のことを日本のマスコミはまったく報道しない 彼女の肉親を殺した米兵の給料を払ったのは誰? 私たち、日本国民ですhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html:

« 「再稼働」ILL BONE初練習 かなりの手ごたえ……だけど、「若かったのにへんなことやってたなあ」としみじみ | トップページ | ILL BONE再稼働 「こういうのがやりたかった!」ブリジット・フォンテーヌ『ラジオのように』 »