« 再稼働が画策される高浜原発 なぜ、ネットにも図面がないのか!? | トップページ | プロパガンダ「発明」者 ギュスターヴ・ル・ボン 群集心理 安倍晋三も熱烈な信奉者? »

2015年1月 5日 (月)

高浜原発再稼働反対 重大事故とMOX燃料 1999年 ライマン博士の警告

http://kakujoho.net/mox/mox99l_s.html

 

エドウィン・S・ライマン博士 核管理研究所(NCI)科学部長の講演より

 

日本の電力会社は、原子力発電所にプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を装荷する大規模な計画に乗り出そうとしている。

  MOX燃料を入れた原子炉とウランだけをいれた原子炉とでは運転サイクルの最後の時点で存在するアクチニドの量を比較するとMOX炉心の方が、5倍から22倍近く多くなっている。これはMOX燃料のプルトニウムの存在によるものである。

高浜4号機に似た電気出力87万キロワットの加圧水型炉の周辺113キロメートルの地域でこのような事故の影響がどうなるかを、米国のコンピューター・コードMACCS2を使って計算した。

MOX燃料を使用すると、日本の公衆に対するリスクが大幅に増大することをはっきりと示している。炉心の4分の1にMOXを装荷した場合、ウランだけの炉心の場合と比べ、重大事故から生じる潜在的ガン死は、42~122%*、急性死は10~98%*高くなる。(数値の幅は、アクチニドの放出割合の取り方による。)炉心全部をMOXとした場合、潜在ガン死の数は、161~386%*、急性死の数は、60~480%*高くなる。炉心に占めるMOXの割合と、放出されるアクチニドの割合により、原子力発電所の半径110キロメートル以内の地域で、何千、何万という数の潜在的ガン死が余分にもたらされることになる。この距離は、計算上の便宜のために選ばれたものであり、この地域の外でも影響が生じることはいうまでもない。

  *つまり、MOX燃料が炉心に4分の1装荷されていた場合の潜在的ガン死は8,630人から70,700人。急性死は44人から827人。 MOX燃料が炉心全部に装荷されていたばあいはの潜在的ガン死は15,900人から155,000人。急性死は64人から2,420人

Photo_5

|

« 再稼働が画策される高浜原発 なぜ、ネットにも図面がないのか!? | トップページ | プロパガンダ「発明」者 ギュスターヴ・ル・ボン 群集心理 安倍晋三も熱烈な信奉者? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高浜原発再稼働反対 重大事故とMOX燃料 1999年 ライマン博士の警告:

« 再稼働が画策される高浜原発 なぜ、ネットにも図面がないのか!? | トップページ | プロパガンダ「発明」者 ギュスターヴ・ル・ボン 群集心理 安倍晋三も熱烈な信奉者? »