« 「すべての移民を国外追放し、国境地帯に地雷を敷設する」25日の総選挙で第3党に躍り出ると予想されるギリシャ「黄金の夜明け」の公約http://www.mag2.com/m/0001577514.html | トップページ | <吉田の答えは、意外にも「聞いていない」だった>東電に原発を動かす資格はあったのか?http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41681?page=9 »

2015年1月12日 (月)

「ICというのはものすごく特殊なシステムで、はっきり言って、私もよくわかりません」吉田昌郎東電福島第一原発所長 東電に原発を運転する資格はあったのか?http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41681?page=3

<吉田調書には、取材班と全く同じ問題意識で、吉田に対して「東電の原子力に携わる人は、この安全設計の仕組みをどのくらい知っていたのか」と問う場面が記されていた。

これに対して、吉田はこう答えている。

「基本的に、ICに関して言うと、1、2号の当直員(運転員)以外はほとんどわからないと思います。(中略)ICというのはものすごく特殊なシステムで、はっきり言って、私もよくわかりません」。そして本店からも全くアドバイスはなかったと明言している。ICについて、吉田をはじめとする免震棟や本店の幹部たちは、決して十分な知識を持っていたとは言い難い状態だったのである。>

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41681?page=3

 1号機の非常用復水器(IC)は「電源がなくても動く」はず。

 その機能は、ゼネラル・エレクトリックによって意図的に取り外されていた。

 メルマガ・バックナンバーに詳しく書きました。

<ゼネラル・エレクトリックを告発せよ!

なぜ、非常用復水器を消したのか?>

2014年5月5日

http://www.mag2.com/archives/0001577514/

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

<実は、ICの弁は、電源が失われると自動的に閉じる構造になっていたのだ。これは、電源が失われるなど何らかの異常があった時、原発内部から放射性物質が外部に漏れ出ないよう配管の弁を自動的に閉じるフェールクローズと呼ばれる安全設計に基づくものだった。>

 安倍政権、産経、読売による朝日新聞バッシングは、ゼネラル・エレクトリックと吉田昌郎所長の犯罪を隠ぺいするためのものだったのだ!

Photo_3

 東電は批判されてもいいが、吉田所長の「ヒーロー像」だけは絶対に守らなくてはならなかった。

|

« 「すべての移民を国外追放し、国境地帯に地雷を敷設する」25日の総選挙で第3党に躍り出ると予想されるギリシャ「黄金の夜明け」の公約http://www.mag2.com/m/0001577514.html | トップページ | <吉田の答えは、意外にも「聞いていない」だった>東電に原発を動かす資格はあったのか?http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41681?page=9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/58555688

この記事へのトラックバック一覧です: 「ICというのはものすごく特殊なシステムで、はっきり言って、私もよくわかりません」吉田昌郎東電福島第一原発所長 東電に原発を運転する資格はあったのか?http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41681?page=3:

« 「すべての移民を国外追放し、国境地帯に地雷を敷設する」25日の総選挙で第3党に躍り出ると予想されるギリシャ「黄金の夜明け」の公約http://www.mag2.com/m/0001577514.html | トップページ | <吉田の答えは、意外にも「聞いていない」だった>東電に原発を動かす資格はあったのか?http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41681?page=9 »