« 「これからは、『神様から、仏様から、天から、ご先祖から、子供が授かった』という言葉をつかいたい」有村治子特命大臣 | トップページ | <古来日本人は優れた直観を持っていて、生命がお腹の中で芽生えたときから「数え年」が始まり、生まれた時は一才である。人は「命(みこと ) 」として、互いを神の子供として尊んできました。>山谷えり子 »

2014年11月 1日 (土)

やっぱり!山谷えり子も「天使のほほえみ」で講演していた!<左翼は、「中絶は女の特権である」と、中絶の自由を推進しています。>

 このトンデモ発言が飛び出したNPO法人「天使のほほえみ」のトンデモ主張(つづき)。

 
<池川明著「ママのお腹を選んできたよ」でかなり多くの子たちが証言しているように霊界で受胎できるできる順番を心待ちにし、自分の一番好きな親としてあなたたちを選び、あなたたちの元でこの世での修業をして立派な人生を送ろうと張り切って宿ってきていると言われています。親にとっては親冥利に尽きるけなげなわが子を、親の勝手な都合で殺しては絶対にいけません。>
 
 
Photo_5
 
<切ない思いで殺された子が悲しみ怨んで、、「家庭破壊・親殺し・子殺し・通り魔殺人」などの原因なっていることが多いと言われ、現在の日本に大きな問題を引き起こしています。これは殺された胎児は少しも悪くはない、ひとえに殺した親が悪いのです。>

|

« 「これからは、『神様から、仏様から、天から、ご先祖から、子供が授かった』という言葉をつかいたい」有村治子特命大臣 | トップページ | <古来日本人は優れた直観を持っていて、生命がお腹の中で芽生えたときから「数え年」が始まり、生まれた時は一才である。人は「命(みこと ) 」として、互いを神の子供として尊んできました。>山谷えり子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57855928

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり!山谷えり子も「天使のほほえみ」で講演していた!<左翼は、「中絶は女の特権である」と、中絶の自由を推進しています。>:

« 「これからは、『神様から、仏様から、天から、ご先祖から、子供が授かった』という言葉をつかいたい」有村治子特命大臣 | トップページ | <古来日本人は優れた直観を持っていて、生命がお腹の中で芽生えたときから「数え年」が始まり、生まれた時は一才である。人は「命(みこと ) 」として、互いを神の子供として尊んできました。>山谷えり子 »