« <「総理は堂々と靖国参拝すべき」と言えなくなる>稲田朋美「ネオナチといっしょ」 | トップページ | 台湾では企業「法人」も女優も普通に「脱原発」を語っている なぜ、日本人にはできないの? »

2014年10月23日 (木)

<この法案が成立してしまえば><我々政治家は政治活動ができなくなります>稲田朋美『撃論』2011年10月

3_4

 
 引用を続けます
 
<街頭演説の表現が人権侵害のおそれということになる可能性があるからです。たとえば総理の靖国神社参拝が人権侵害だという裁判が起こされるぐらいですから、街頭演説で「総理は堂々と靖国神社に参拝すべきだ」ということはできなくなります。さらに「南京大虐殺」や「慰安婦問題」なども検証や議論が出来なくなるおそれがあります。拉致問題についての北朝鮮への批判も、竹島を巡る領土問題の発言も、尖閣諸島での中国の領土的野心への批判もできなくなります。日本の領土、日本の海底資源、日本人拉致などの諸問題が全てマイナス方向に帰着する危険があります。>
 
Photo_7

|

« <「総理は堂々と靖国参拝すべき」と言えなくなる>稲田朋美「ネオナチといっしょ」 | トップページ | 台湾では企業「法人」も女優も普通に「脱原発」を語っている なぜ、日本人にはできないの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57759135

この記事へのトラックバック一覧です: <この法案が成立してしまえば><我々政治家は政治活動ができなくなります>稲田朋美『撃論』2011年10月:

« <「総理は堂々と靖国参拝すべき」と言えなくなる>稲田朋美「ネオナチといっしょ」 | トップページ | 台湾では企業「法人」も女優も普通に「脱原発」を語っている なぜ、日本人にはできないの? »