« 東電の仕事拒否!みうらじゅんさんの思い出 平凡パンチ時代、牛のイラストを勝手に年賀状に使ってすみませんでした | トップページ | 広告代理店がいかにしてジャーナリスト、ライターを支配するか?私の体験 »

2014年10月13日 (月)

電通の活字支配とウソだらけの日本 「人間の言葉」と「法人の言葉」がせめぎ合っているのが現在

 人間が世界の中心なんだから、「法人の言葉」など幻。

 
「法人」は法律上の人間だけど、誰か「法人」の姿を見たことありますか?
 
「法人」と語り合ったことがありますか?
 
 もし、あるとすれば、大喧嘩になっているはず。
 
「法人」は、人間であるあなたに「死ね」と言い続けているからです。
 
 成り立った会話など私はひとつも知りません。
 
「地球温暖化問題解決のひとつが原発」とかね。
 
 噴飯ものなんだから、大喧嘩になります!!
 
 人間は自分の言葉で語ります。
 
 今、それは活字にはなりません。
 
 人間の言葉にギャラは派生しません。
 
 だって、人間の言葉を掲載した「法人」出版社に電通が、
 
「すべての広告引き上げます」
 
 そう言えば、法人「出版社」は黙ってしまうんですから。
 
「小さな出版社はそうではない!」
 
 という反論コメント、待っています。

|

« 東電の仕事拒否!みうらじゅんさんの思い出 平凡パンチ時代、牛のイラストを勝手に年賀状に使ってすみませんでした | トップページ | 広告代理店がいかにしてジャーナリスト、ライターを支配するか?私の体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57660146

この記事へのトラックバック一覧です: 電通の活字支配とウソだらけの日本 「人間の言葉」と「法人の言葉」がせめぎ合っているのが現在:

« 東電の仕事拒否!みうらじゅんさんの思い出 平凡パンチ時代、牛のイラストを勝手に年賀状に使ってすみませんでした | トップページ | 広告代理店がいかにしてジャーナリスト、ライターを支配するか?私の体験 »