« <死ぬべき時に死なない者は、延命治療の恥を晒し、社会に無用のコストをかける>『撃論』片山さつき記事のリード | トップページ | 「外国人の手に、人権侵害の判断を委ねる道を開くことには、私は心底危険を感じます」ネオナチがいる部屋でそう言った稲田朋美衆院議員 »

2014年10月22日 (水)

<河本準一氏は氷山の一角――生活保護の潜在不正受給百万人を放置してよいか>片山さつき『撃論』記事のタイトル 2012年8月

 この記事はまったくのデタラメ。

 
 ウソをついたんだから片山さつきは議員辞職すべきです!
 
<生活保護の潜在不正受給百万人>!?
 
 2010年のデータでは生活保護不正受給は25355件。
 
 全体の1・8%にすぎない!
 
 片山は生活保護受給者の半数以上が不正受給している、と言っているんです!
 
 金額ベースでは不正受給は全体の0・38%にすぎない!
 
 片山さつき! 今すぐ議員バッジを外せ!!

|

« <死ぬべき時に死なない者は、延命治療の恥を晒し、社会に無用のコストをかける>『撃論』片山さつき記事のリード | トップページ | 「外国人の手に、人権侵害の判断を委ねる道を開くことには、私は心底危険を感じます」ネオナチがいる部屋でそう言った稲田朋美衆院議員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57757459

この記事へのトラックバック一覧です: <河本準一氏は氷山の一角――生活保護の潜在不正受給百万人を放置してよいか>片山さつき『撃論』記事のタイトル 2012年8月:

« <死ぬべき時に死なない者は、延命治療の恥を晒し、社会に無用のコストをかける>『撃論』片山さつき記事のリード | トップページ | 「外国人の手に、人権侵害の判断を委ねる道を開くことには、私は心底危険を感じます」ネオナチがいる部屋でそう言った稲田朋美衆院議員 »