« すべての革命家は言うだろう ノーベル賞? それだけはいらない! | トップページ | 東電の仕事拒否!みうらじゅんさんの思い出 平凡パンチ時代、牛のイラストを勝手に年賀状に使ってすみませんでした »

2014年10月12日 (日)

今読まれるべき本は『電通と原発報道』(本間龍 亜紀書房)だと思います ジャーナリスト死滅がこの国の現実

 なんで仕事がなくなるの?

 
 答えてくれた本がこれです。
 
 本間さんにも質問したんです。
 
「東電がみうらじゅんさんに500万円以上のギャラを提示した、って本当ですか?」
 
 本間さんは
 
「直接の現場にはいなかったけど、驚く話ではない」
 
 みうらじゅんさん、テレビに出ていないですよね。
 
 東電の仕事を断ったスポーツライターの玉木さんも。
 
Photo

|

« すべての革命家は言うだろう ノーベル賞? それだけはいらない! | トップページ | 東電の仕事拒否!みうらじゅんさんの思い出 平凡パンチ時代、牛のイラストを勝手に年賀状に使ってすみませんでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57652191

この記事へのトラックバック一覧です: 今読まれるべき本は『電通と原発報道』(本間龍 亜紀書房)だと思います ジャーナリスト死滅がこの国の現実:

« すべての革命家は言うだろう ノーベル賞? それだけはいらない! | トップページ | 東電の仕事拒否!みうらじゅんさんの思い出 平凡パンチ時代、牛のイラストを勝手に年賀状に使ってすみませんでした »