« 「外国人の手に、人権侵害の判断を委ねる道を開くことには、私は心底危険を感じます」ネオナチがいる部屋でそう言った稲田朋美衆院議員 | トップページ | <「総理は堂々と靖国参拝すべき」と言えなくなる>稲田朋美「ネオナチといっしょ」 »

2014年10月23日 (木)

気は確かですか!?ネオナチの目の前で「人権侵害」を語る稲田朋美衆院議員(弁護士)

 頭のヒューズが100本ぐらい飛んでるのでしょうか?

 
 ネオナチのいる部屋で「外国人」と「人権侵害」について語る稲田朋美弁護士。
 
Photo_4
 
 在特会が人権侵害で訴えられたの、ご存じないの?
 
『撃論』が在特会員を次々に文壇デビューさせたことぐらい調べたら?
 
3_2
 
 以下引用(書き写すのがものすごくやだけど)
 
<――民主党が提唱する「人権擁護法案」は「外国人地方参政権」との密接なかかわりが指摘されています。民主党の人権侵害救済法案は、人権擁護委員の委員の資格要件として日本国籍は要求しておらず、外国人、とりわけ在日韓国、朝鮮人の人権に重きを置いているのではありませんか。
 
稲田 仮に今年8月に民主党政権が公表した「新たな人権救済機関の設置についての基本方針の通り、すべて任意の調査にしたとしても自宅や職場に人権擁護委員がやってきて事情を聞かれたり、人権擁護委員の呼び出しを受け、それをマスコミがとりあげれば、社会的なダメージを受けることには違いありません。たとえ調査の結果、その疑惑が解けたとしても名誉回復は困難です。>
 
Photo_5
 
<しかも、人権侵害救済法案には、人権委員会の行動を監視、抑制する機関は存在しません。つまり、「人権侵害」と言う言葉を恣意的に使うことによって、いくらでも相手を攻撃することが可能なのです。「人権」の名のもとに合法的な「人権侵害」が行われるのです。>
 
(つづく)

|

« 「外国人の手に、人権侵害の判断を委ねる道を開くことには、私は心底危険を感じます」ネオナチがいる部屋でそう言った稲田朋美衆院議員 | トップページ | <「総理は堂々と靖国参拝すべき」と言えなくなる>稲田朋美「ネオナチといっしょ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57758623

この記事へのトラックバック一覧です: 気は確かですか!?ネオナチの目の前で「人権侵害」を語る稲田朋美衆院議員(弁護士):

« 「外国人の手に、人権侵害の判断を委ねる道を開くことには、私は心底危険を感じます」ネオナチがいる部屋でそう言った稲田朋美衆院議員 | トップページ | <「総理は堂々と靖国参拝すべき」と言えなくなる>稲田朋美「ネオナチといっしょ」 »