« レイシスト桜井誠在特会会長をアシストした橋下徹の演劇、シナリオありのプロレス 証拠がこれ | トップページ | 橋下徹と桜井誠 どちらが大勢の人たちの声を代弁していたか? »

2014年10月21日 (火)

コメントありがとう!在特会も脱原発運動も空気感としてはそんなに変わらないと思います

「レイシズムの闇」というより、心理的にはもっとシンプルだと思います。

 
 日韓共催W杯での韓国戦の審判はおかしい。
 
 一番ひどかったのが対イングランド戦で、現にサッカー韓国代表はそれ以降、イングランドの地を踏むことすらできていません。
 
 それが在特会の原点です。
 
 問題は、韓国人のおそらく数人である
 
「韓国サッカー協会の人間は許せない」
 
 そう言えばいいものを
 
「韓国人は許せない」
 
「鶴橋の在日韓国人が憎くて憎くてしょうがない」
 
「鶴橋大虐殺をしますよ」
 
 これが間違い。
 
 直接相手にぶつけられない怒りを「地元」の「肌感覚」で解消しようとする短絡。
 
 親が自民党支持者だったら「それは違う」と説教するはずです。
 
 それだけなら、大問題にはならなかったと思います。
 
 しかし、それに加わったのがフィギュアスケート女子。
 
「キム・ヨナはむずかしいことは何もしていないのに浅田真央より上? 採点がおかしい」
 
 ここから「在特会的なもの」がブワーッと広まったと私は考えています。
 
 韓国サッカーは大問題になったのに、「キム・ヨナ問題」についてはテレビも新聞も何も言わなかったからです。
 
「マスコミが本当のことを言わないのでネット検索」
 
「桜井誠の本でも読んでみようか」
 
 これ、空気感としては小出裕章助教の本とネット動画に熱狂した私を含む脱原発派とほとんど同じだと私は思います。
 
 違いは「商売としてのウソ」を桜井誠が準備していたこと。
 
 桜井が商売としてヘイトスピーチをやっていることは橋下徹との会見で完全にばれてしまいました。
 
Photo
 
 全国放送を見込んでカメラに向けて著書を立てて置く桜井誠在特会会長
 
「在日韓国人は日本の生活保護費2兆円以上を盗んでいる」
 
 そんなウソを桜井は「ライター商売」として始めたわけですよ。
 
 鵜呑みにした人たちを責められるでしょうか?
 
 たとえば、『脳内革命』というウソだらけの本を買った100万人の日本人に罪があるでしょうか?
 
 人間は、気分が楽になる本、今の自分にとって心地いい言説をお金を払って買うもんなんです。
 
 私の経験から言えば、真実よりもウソの方が金になる。
 
 コストパフォーマンスまで考えれば、断然、ウソツキの方が成功する。
 
 じゃあ、桜井の本を買った人が、実際にヘイトスピーチをやるの?
 
 そんな人はごく少数であり、桜井の読者のほとんどは在特会の集会を見学にも行かないはず。
 
 朝日新聞、毎日新聞の言説より遥かに気分よく読めるので、在特会的なものを身近に置いてつらい毎日を過ごしている。
 
 そういう人たちがものすごくたくさん生まれ、選挙に行かなかった人も自民党に投票するようになったんじゃないか?
 
 そう推測します。
 
 だから、人種差別を抱えた人を論駁してもほとんど意味はない。
 
「論理的に勝つ」
 
「気分的に楽でいたい」
 
 両者が対決しても試合にはなりません。
 
 私が口角泡を飛ばして右寄りになった知り合いを黙らせても
 
「負けていいんだよ」
 
 にやにや笑いながら次の議題に移行するのが常。
 
 絶望的な状況?
 
 だから人間は面白い?

|

« レイシスト桜井誠在特会会長をアシストした橋下徹の演劇、シナリオありのプロレス 証拠がこれ | トップページ | 橋下徹と桜井誠 どちらが大勢の人たちの声を代弁していたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57738875

この記事へのトラックバック一覧です: コメントありがとう!在特会も脱原発運動も空気感としてはそんなに変わらないと思います:

« レイシスト桜井誠在特会会長をアシストした橋下徹の演劇、シナリオありのプロレス 証拠がこれ | トップページ | 橋下徹と桜井誠 どちらが大勢の人たちの声を代弁していたか? »