« 世論の作り方 TBS「ひるおび!」「このカメラで一部を映すと真実は逆になる」高木直行教授 吉田昌郎所長の元部下 | トップページ | 「安全だって言うから自衛隊が手伝いにいったら爆発した」北澤元防衛相 吉田昌郎所長の犯罪 »

2014年9月17日 (水)

自衛隊決死隊の岩熊真司隊長を激怒させた吉田昌郎所長の行状 3号機爆発6名被曝4名負傷事件

 事件はすぐさま防衛大臣に報告されます。

 
 2011年3月15日13時。原子力対策本部。
 
<防衛相・北澤俊美「(自衛隊員が)安全だから手伝ってくれって作業に行ったら爆発した。たまたま車内にいたからけがをせずに済んだ」>(『官邸の100時間』カッコ内筆者)
 
 実際は4人がけがをした。
 
Photo_10
 
 自衛隊は東電福島第二原発からも撤退した。
 
「東電テレビ会議」
 
 3月14日22:07
 
<2F増田所長 えっと、福島第二なんですけれども、4プラント、いまあのー、まあ安定に行った>
 
 中央特殊武器防護隊、岩熊真司隊長らの懸命の給水作業により、
 
「あと2時間」
 
 というぎりぎりの線で2Fはベントを回避できた。
 
Photo_12
 
 飯館村を消滅させたのは1F2号機のベントだった。
 
Photo_13
 
 2Fでもベントしなければならなかったら、日本はどうなっていただろう?
 
 東日本を救った真の英雄は増田所長であり岩熊隊長だったのだ。
 
Photo_14
 
 岩熊隊長は睡眠をほとんど取らぬまま1Fに向かった。
 
 テレビ会議に戻る。
 
<まあ安定に行った、とめた状態で確保したいんですが、水がまったくないんです。>
 
<自衛隊が水を入れてってくれる予定で4000トンっていう契約をしていたんですが、200トンほど入れたときに、1Fの昨日を見てですね。>
 
 岩熊隊長らは「3号機爆発を最も身近で体験した人類」となった。
 
<(自衛隊が)帰っちゃったんです。いま、全然水がないんです。>
 
Photo_11
 
 いったい、何が起きていたのか?
 
 吉田昌郎所長は本当に日本を救った英雄なのか?
 
(つづく)

|

« 世論の作り方 TBS「ひるおび!」「このカメラで一部を映すと真実は逆になる」高木直行教授 吉田昌郎所長の元部下 | トップページ | 「安全だって言うから自衛隊が手伝いにいったら爆発した」北澤元防衛相 吉田昌郎所長の犯罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57410803

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊決死隊の岩熊真司隊長を激怒させた吉田昌郎所長の行状 3号機爆発6名被曝4名負傷事件:

« 世論の作り方 TBS「ひるおび!」「このカメラで一部を映すと真実は逆になる」高木直行教授 吉田昌郎所長の元部下 | トップページ | 「安全だって言うから自衛隊が手伝いにいったら爆発した」北澤元防衛相 吉田昌郎所長の犯罪 »