« 『朝日ジャーナル』で連載開始の大月隆寛「書生の本領」が在特会広報誌ともいうべき『撃論』連載の引き継がれていた! | トップページ | さようなら 高市早苗 どないなっとんねん!? 大月隆寛!『撃論』編集長は一貫して在特会を絶賛!最悪の排外主義集団の「理論的支柱」が西村幸祐だった! »

2014年9月14日 (日)

「ヘイトさんといっしょ」高市早苗「ネオナチ」問題が世界に波紋の『撃論』桜井誠、大月隆寛「同舟」の歴史

★ 2007年4月『ネットとマスコミ大戦争の真実』(以下、撃論ムック)

 
 大月隆寛<ネットはすでに同時代の「リアル」だ>
 
 桜井誠<忍びよるネット規制――ある日、あなたのサイトが消えていたら>
 
Photo_8
 
★ 2007年12月『反日マスコミの真実2』
 
 大月隆寛<小沢の変とは何だったのか>
 
 桜井誠<闇に葬られた違法献金><ついに明るみに出た在日特権><反日に狂う韓国の実像!><ネット論壇の逆襲><毎日新聞佐賀支局の異常><日本は韓流芸能人の産廃処理場だ>(6本も書いているのだから、完全な「桜井本」! 大月さん、アウト!)
 
Photo_9
 
★ 2008年3月『誰も知らない教育崩壊の真実』
 
 桜井誠<熊本県の元教師らがつくった「明成皇后を考える会」><韓国の歴史教科書を読む>
 
 大月隆寛<文化としての教師>
 
★ 2008年12月『反日マスコミの真実2009』
 
 桜井誠<朝日新聞在日通名報道の怪>
 
 大月隆寛<新・書生の本領 第5回 「通俗」としての保守>
 
★ 2009年4月『世界に愛された日本』
 
 桜井誠<金玉均と李完用から見た韓国近代史>
 
 大月隆寛<新・書生の本領 第7回 「麻生本」超人気現象を報道できない、メディアの現在>
 
★ 2010年3月『外国人参政権の真実』
 
 桜井誠<新たな恐怖 外国人住民基本法案>
 
 大月隆寛<新・書生の本領 第12回 「保守」という旗印への一言>
 
★ 2010年7月『無防備国家・日本』
 
 桜井誠<左傾化・反国家化する浄土真宗>
 
 大月隆寛<新・書生の本領 第14回 「ゆとり」の現在>
 
Photo_10
 
 アマゾンなどで確認できたものだけでこれだけあります。
 
 読んで質問します。

|

« 『朝日ジャーナル』で連載開始の大月隆寛「書生の本領」が在特会広報誌ともいうべき『撃論』連載の引き継がれていた! | トップページ | さようなら 高市早苗 どないなっとんねん!? 大月隆寛!『撃論』編集長は一貫して在特会を絶賛!最悪の排外主義集団の「理論的支柱」が西村幸祐だった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57370865

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘイトさんといっしょ」高市早苗「ネオナチ」問題が世界に波紋の『撃論』桜井誠、大月隆寛「同舟」の歴史:

« 『朝日ジャーナル』で連載開始の大月隆寛「書生の本領」が在特会広報誌ともいうべき『撃論』連載の引き継がれていた! | トップページ | さようなら 高市早苗 どないなっとんねん!? 大月隆寛!『撃論』編集長は一貫して在特会を絶賛!最悪の排外主義集団の「理論的支柱」が西村幸祐だった! »