« 「何者だ。なぜ、ここにいる」。拘束された湯川さんらしき人物は、ネットに流れた映像の中で、こう尋問された。これは、湯川さんが長い間、自らに問い続けてきたことかもしれない、と友人らは語るhttp://www.huffingtonpost.jp/2014/09/03/haruna-yukawa_n_5757128.html | トップページ | 地球温暖化「20兆円詐欺師」毎日新聞江口一記者 小室哲哉判例では懲役20000年!この唾棄すべき言い訳を聞け! »

2014年9月 6日 (土)

デング熱騒動は「地球温暖化」プロパガンダ ニュースの打ち消し、スピンに利用できる「万能」ニュース

WHOは地球温暖化に伴う気候変動が現状のまま進行すれば、感染症だけでなく熱中症なども一層深刻化し、こうした病気で2030~50年には死者が今より年間で約25万人増加すると警告する。

気になるのは2008年7月5日に放送された、テレビ朝日「地球危機2008」という番組。今回の状況にそっくりの状況を想定したVTRをつくっていた。この番組は、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)などの報告書をもとにつくられていた。やはり、地球温暖化が進んでいるのであろうか。

WHO(世界保健機構)でも、地球温暖化を受けて病気が熱帯から温帯地方へと広がっていると報告している。これは、気温や湿度の上昇によって蚊などの昆虫や、ネズミなどのげっ歯類の生息範囲が広がることが理由だそうだ。

温暖化と感染症による健康影響は、これらの多様な影響のうち、どの程度、どのように影響するのかに ついて、まだ明確にはわからない部分も多くある。とは言え、温暖化によって媒介動物の分布域が拡 大する傾向や、高温化に伴って感染力が増大する傾向などが見られることは、温暖化による影響評価を試 みている多くの研究成果が示唆している。
 
 デング熱騒動が起きる前の大ニュースはなんだったでしょうか?
 
 広島で起きた土砂災害ですよね。
 
 これを解説するためには「上空の寒気」を取り上げなくてはならないのに、テレビ、新聞は無視。
 
 患者第一号が報道された8月27日の最高気温は?
 
Photo_2
 
「本当に地球は温暖化しているの?」
 
 マスコミと日本の支配層はそんな国民の疑問に答えなくてはならなくなった。
 
 マスコミは20年も「地球温暖化」キャンペーンを続けています。
 
 環境問題シンポジウムで新聞記者が正直に答えています。
 
「クライメートゲート事件が海外で大きく報道されたことは知っている」
 
「しかし、社が大々的なキャンペーンをやってきた以上、今さら逆のことは書けない」
 
「社論に逆らうことは新聞記者にはできない」
 
 デング熱はまさに「飛びつきたくなる」ニュースです。
 
 国、地方自治体にとっては、これまで20兆円以上を税金として国民からだまし取っているので、
 
「地球温暖化はウソでした」
 
 なんて口が裂けても言えません。
 
 反政権デモに「行くのやめた」となる人が出てくれば「なおけっこう」っていうことでしょ?
 
 デング熱自体は日本人にとってもありふれた病気です。
 
Photo_3

|

« 「何者だ。なぜ、ここにいる」。拘束された湯川さんらしき人物は、ネットに流れた映像の中で、こう尋問された。これは、湯川さんが長い間、自らに問い続けてきたことかもしれない、と友人らは語るhttp://www.huffingtonpost.jp/2014/09/03/haruna-yukawa_n_5757128.html | トップページ | 地球温暖化「20兆円詐欺師」毎日新聞江口一記者 小室哲哉判例では懲役20000年!この唾棄すべき言い訳を聞け! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57292756

この記事へのトラックバック一覧です: デング熱騒動は「地球温暖化」プロパガンダ ニュースの打ち消し、スピンに利用できる「万能」ニュース:

« 「何者だ。なぜ、ここにいる」。拘束された湯川さんらしき人物は、ネットに流れた映像の中で、こう尋問された。これは、湯川さんが長い間、自らに問い続けてきたことかもしれない、と友人らは語るhttp://www.huffingtonpost.jp/2014/09/03/haruna-yukawa_n_5757128.html | トップページ | 地球温暖化「20兆円詐欺師」毎日新聞江口一記者 小室哲哉判例では懲役20000年!この唾棄すべき言い訳を聞け! »